読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

生命保険をかけないリスクとは?もし夫が死亡したら生活が崩れる

誰でも病気になったり怪我をするなど、望まない出来事が起こる可能性があり、これらのリスクに備えるのが保険です。またこれらのリスクは予想することができないため、貯蓄が少ないうちに大きなリスクにあうと経済的にも大きなダメージを受けてしまいます。

保険で備えておくことで、いざという時に経済的な負担をカバーし、生活を守ることができます。
特に子供など扶養すべき家族がいる場合は、必要になってきます。

しかし保険に興味がないから、保険料が高いからと保険を敬遠する人も中にはいます。
保険が必要かどうか判断するには、生命保険をかけないデメリットをしっかり知っておきましょう。



私達の生活は様々なリスクに囲まれています。
怪我や病気などにより生活に支障を及ぼすリスクです。
治療にかかる費用に加え、入院・通院の間は収入が減ることも考えなくてはなりません。

また忘れがちなのが入院中の生活費です。

通院のための交通費や付き添いの家族のホテル代など、通常ではかかることがない大きな出費が家計にダメージを与えます。病気や怪我で入院すると平均で22万円ほどかかるとされていて、この程度の出費なら貯蓄の範囲内で十分払えそうですが、数十万円も貯蓄が減ってしまえばその後の生活は不安になります。

また病気によっては入退院を繰り返すこともあることを考えると、最低限の備えは必要です。
入院すると通常は6人部屋などの大部屋になりますが、個室や2人部屋など条件の良い病室を希望した場合は差額ベット代がかかります。

この差額ベット代は1日あたり平均で7500円ほどかかります。
さらに未承認の先端治療を受ける場合や民間療法を受ける場合には、健康保険の適応対象外となりますし、保険適応外診療には健康保険の高額療養費制度も適用されません。しかし治療に専念したいため個室に移りたい、適応貝の先端治療を試したいという人も多くいます。

保険に加入していれば給付金からこれらを補うことができますが、加入していない場合は全て貯蓄からしはらなくてはなりません。
医療保険の給付金によって先端医療や民家に料を受けるという選択肢が増え、より余裕を持って治療することが可能になります。

生命保険をかけないデメリットはまだあります。
万が一のことがあったときに、起こされた家族の生活に及ぼすリスクです。
世帯主が死亡した場合、その後の家族の生活や子供の学費など、将来にわたる大きな出費をどう工面するかは大きな問題です。

世帯主が死亡した場合、国民年金や厚生年金から子供が18歳になるまで遺族年金が支払われます。遺族基礎年金から年間約78万円、遺族厚生年金から年間約30〜50万円支払われますが、子供が2人以上の場合や私立の学校に通うことを考えると、これだけでは不十分と言えます。

学費以外にも子供の世話などで仕事をする時間が短くなるなど、収入が減少する可能性も考えられます。

こう考えると世帯主の死亡保障は必須と言えます。
子供が一人立ちするまでの間、いざというときのため数千万受け取れる生命保険の契約をお勧めします。

このように生命保険をかけないデメリットは多くあります。
このデメリットを回避するには預貯金で備えるという方法もありますが。貯めている途中に万が一のことが起きてしまったり、預貯金が必要額に達していなかったら残された家族は困ってしまうでしょう。

生命保険はあらかじめ受け取れる金額を決めておくことができるため、万が一のことが起こっても余裕を持って行動することができるでしょう。
年齢が上がるごとに怪我や病気のリスクは高まります。
また多くの場合は保険の申し込みには健康状態を告知する人湯があり、それまでの健康状態によっては保険加入が難しくなることもあります。
病気や怪我をしてから後悔しないように、健康なうちに保険を準備しておきましょう。