体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

保険料は生涯いくらかかる?一生で見ると保険料は総額1000万円を越える

結婚や出産を期に生命保険ヘの加入する人は多く、ピーク時から対象減ったとは言え、日本人の生命保険の世帯加入率は90.5%と正解でも有数の保険好きと言われています。

生命保険は人生においてハイホームに次ぐ、2番目に高い買い物であるとも言われています。保険とは万が一のときの際に自らの貯蓄では足りない分をカバーするためのものですが、所得が下がり続けているため保険料の負担が重すぎて貯金ができない家庭が増えている状況になっています。

生命保険は非常に大きな安心を手に入れることができるものの、それはただではなく非常に高額な料金を支払って購入しているものであることを良く理解しておく必要があります。

なぜ、保険が人生で二番目に高い買い物と呼ばれるのか、30年以上払い続けるとどのくらいお金がかかるのか、損をしないためにも保険のことを良く知っておきましょう。



一般的な生命保険の保障は「死亡保障」と入院治療などに適応される「医療保障」です。
結婚、子供の誕生、家の購入など年齢や状況の変化に応じて必要な額を考え、加入を検討を検討していることと思います。

日本人の全世帯の9割ほどが加入している生命保険の平均保険料は、年額にして53万円程度と言われていて、単純計算でも月に4万円ほど保険料を支払っていることになります。
こ1か月4万円程度、年間53万円程度の保険料を、仮に30歳から定年を迎える60歳までの30年間払い続けるとその総額はおよそ1590万円、約1600万円ということになります。

しかも、これは保険料が上がらないと言う前提で計算したものであり、更新などにより保険料が上がればそれだけ総額も上がることになります。
これが生命保険が人生において二番目に高い買い物と言われるゆえんなのです。

こうした事実を全く知らず、または考えることなく安易に生命保険に加入している人は実際には非常に多くいます。

1000万円を超える買い物をする場合、よく検討するのが普通ですが、保険は非常に高額な商品なのにも関わらず、商品の内容をよく調べずに契約してしまう人が多いのが現状です。
毎月の支払いは数万円でたいしたことない金額かもしれませんが、長期で見ると大きな差になってきます。
そのため途中で保険料を支払うのが困難になり、解約によって大きな損をしてしまう人も中にはいるのです。

万が一のときの備えとしての保険が家計の負担になってしまっては意味がありません。
これから生命保険に加入しようとしている人も、すでに加入している人も支払う保険料が自分にとって最適であるか見直す必要があります。

日本には公的な保障がいくつかあります。
万が一のときに受け取れる遺族年金や健康保険対象の治療であれば一定の自己負担限度額を超えた金額が払い戻される高額療養費制度、会社員なら傷病手当金などを受け取ることができます。
またマイホームを購入する際に住宅ローンを組むときには、万が一のときに残債が相殺される団体信用生命保険に強制加入します。

これらを考慮すると保険料の見直しは容易にできるはずです。
知り合いの保険営業担当に勧められたから、付き合いで仕方なくなどといった理由で安易に加入している人は、ダブって同じ種類の保険に複数加入している人もいます。
自分の家族に本当に必要な保険の保障額をしっかりと把握し、保険商品を比較しながら保険を見直すことで保険料の無駄をなくすことができます。

とは言え、生命保険は健康な時にしか加入できないという面もあるため、若くて健康なうちに加入しておこうと考える人も多く、保険をあまり理解しないうちに契約してしまうことも事実です。
確かに保険の話にでてくる用語は専門用語も多く、一般の人が理解するのは難しいかもしれません。

そこで保険の仕組みや各保険会社の商品に精通したファイナンシャルプランナーに相談してみてもよいでしょう。

保険の相談にオススメなのは無料でプロのファイナンシャルプランナーによる保険相談が申し込める保険マンモスの保険相談というサービスです。

保険マンモスは保険・金融のプロであるファイナンシャルプランナーを自宅まで派遣してくれて、ライフプランにあった保険や保険の仕組みなどを無料で教えてくれます。
訪問の保険相談サービスの中でも利用者のレビュー評価が高く、手間もお金もかからないので、とても便利なサービスです。

ぜひ保険の加入や見直し、簡単な相談などに利用してみてください。


保険相談は加入するまではお金がかかりませんので、気軽に相談して、頭のなかを整理して賢い保険選びをしましょう。