体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

個人年金保険はお得なの?利息と節税機能など個人年金のメリット・デメリットを紹介します

将来のことを考えて貯蓄をしようとしたとき、思い浮かべるのが貯蓄型の保険ではないでしょうか。保険には医療保険や死亡保険のようにもしものために備えておくだけではなく、将来必要になってくるお金を、必要な時期や目的に合わせて貯める機能もあります。

特に最近注目されているのが、年金保険です。

年金の中には国民年金や厚生年金などがありますが、少子高齢社会がすすみ、公的年金の支給額が少なくなったり、またその制度自体が亡くなってしまうのではないかという心配もあります。長寿化している日本では老後の資金は重要な問題です。

安定した老後を送るために、個人年金のメリットとデメリットを良く知っておきましょう。



個人年金とは保険料を一定の期間支払い、60歳又は65歳など一定の年齢から一定額の年金を受け取るシステムです。退職後に決まった収入があるのとないのでは、安心感が違います。
公的年金を補う目的で加入を検討してみましょう。

個人年金にもいくつか種類があります。安定して将来の年金を受け取るのであれば生死に関わらず5年間、10年間など一定期間だけ受け取れる確定年金、将来長生きのリスクを考える場合は生きている間だけ受け取れる終身年金、対象のリスクを承知で年金額を増やすのであれば変額年金や外貨建て年金がおすすめです。
なかには保障期間内に死亡した場合、残った期間の年金は指定した受取人に支払われるものなどもあります。

老後の資金を考える際に、貯金と個人年金を迷うことがあるでしょう。
確かにどちらもお金を貯めるという意味では同じです。銀行はお金を預けておくとそれに対して利息がつきます。個人年金もその仕組みは同じで、保険会社に保険料としてお金を預けておくことになるのでそれに応じて利息がつきます。

この利息が個人年金と銀行預金を比べると、格段に違います。契約する保険会社にもよりますが、個人年金の方が利息が平均で2、7倍と高くなるため、同じ金額を毎月積み立てた場合は個人年金の方が確実に受け取る額が多くなるでしょう。

また銀行預金と違い、簡単に引き出すことができないので、確実に資金を積み立てることができます。
さらに個人年金のメリットは様々な種類の年金を目的に応じて色々選べることにあります。年金額や保険料をいくらに設定するかは各家庭によって異なりますが、年金や保障を重視したり、希望通りの保険を自由に選択することができます。

個人年金のメリットはまだあります。
それが節税機能です。

個人年金保険料を支払っていることで毎年の所得税と住民税が控除されます。こうしたメリットは銀行の預貯金にはありません。

個人年金はこのように多くのメリットはありますが、デメリットもあります。
ひとつはインフレリスクです。インフレとはお金の価値が下がってしまうことです。現在1万円で買えるものが、将来1万円で買えるとは限らないということです。
個人年金は将来受け取る金額が決まっているため、将来お金の価値が下がってしまっていると、年金額が目減りしてしまうことになります。

しかしここ20年ほどは消費者物価指数に大きな変動はないため、過度に気にする必要はないとも言えます。また保険会社が潰れてしまう可能性もないとは言えません。その場合は、予定額の全額が返金されるという保障はありません。

現在、日本の年金制度は存在していますが、現時点でも毎年基礎年金の額が減らされています。
将来年金志度がどうなるかはわからないため、可能であれば自衛をしておくべきでしょう。
そのためにも個人年金はお得で良い手段です。

特にまとまったお金が手に入ったときに計画的に使えない人、投資や運用が苦手な人など、児童的に銀行に振り込んでくれる個人年金は安心です。
現在の生活を圧迫しない程度で備えておいてみてはいかがでしょうか。