体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

がんの治療費はどれくらいかかるの?治療費から見るがん保険の必要性

がん保険ってどういう風に役立つの?
がんになった時の入院費高額なや手術費と
がん保険に入っていた場合のお金のあれこれ

少子高齢化社会が進むにつれ、社会保障の財源が問題になることは間違いありません。
現在のように自己負担3割、高額療養費制度などの公的医療保険制度が続かなくなる可能性もあり、将来医療費が引き上げられた場合、自己負担が大きくなる可能性がでてきます。そのためいざというときの病気や怪我の備えに、医療保険に加入している人は多くいます。

一般的な病気や怪我の場合はシンプルな医療保険で十分ですが、心配なのががんなどの入院期間が長引きやすい病気の場合です。がんは治療に時間がかかり、働けない期間も長くなって収入も減ってしまいます。

日本人の死因第一位のがんに備えるために、ベースの医療保険にがん保険をプラスしている人も増えていますが、がん保険はどのように役立つのか詳しく知らない人もいます。がんになったときに入院費や治療費などを知り、がん保険を見直していきましょう。



がん保険は保障対象をがんに特定した保険です。
入院や所定の手術で給付金が受け取れるなど基本的な仕組みは医療保険と同じですが、がんは他の病気と比べて治療が長期にわたり、医療費も高額になりがちです。そのためがん保険は入院給付金の支払い日数が無制限のものが多く、がんと診断されるとまとまったお金が受け取れるなど手厚い保障を備えています。

がんの治療では手術代や薬代と言った治療費の他に、入院中の食事、個室などの有料の部屋を希望した場合の差額ベット代など治療に伴う間接的な費用も必要になります。このうち公的医療保険が適用されるのは手術代、検査代、薬代といった直接な治療費で、その他は実費になります。またがんの最新の治療法や新薬、医療機器を使用した治療など公的医療保険の給付対象にならないものもあり、がんの治療には高額な費用がかかってしまうことがあります。

がんの治療にかかる費用はがんの種類や病状、治療内容によって異なり、2年ごとに医療費の価格設定が見直されるため年によっても違いがでてきます。
一般的ながんの治療費には平均100万円ほどと言われていて、早期に発見して健康保険が適用される標準治療だけで済めば、自己負担額は50万円程度で収まることもあります。

しかしそれはあくまでも手術・入院前後の費用のことで、実際には手術が成功しても再発防止や定期検査などで通院を続けなければならず、長期にわたって費用がかかってしまいます。がん保険はこれらの闘病資金をまかなうことができる保険になっています。
保険商品によって保障内容が異なりますが、がんと診断されたときに給付される診断給付金、がん治療のために入院したときに給付される入院給付金、がんで所定の手術をした時に給付される手術給付金、抗がん剤などで通院したときの通院給付金の4つが主な保障になっています。

またがんは入退院を繰り返すことが多い病気ですので、がん保険では入院給付金の支払い日数に制限がありません。保険商品によって違いがありますが、最近では入院の有無に関係なく放射線治療1回につき10〜20万、化学療法1回につき10〜20万、抗がん剤治療1か月5〜10万、緩和療法1回につき5〜10万など様々な保障がついているため、安心してがん治療を受けることができます。
また、がんにならなかった場合はがん無事故給付特約などがある商品もあり、数年ごとに給付金を受け取れるものもあります。

がんの治療法は手術、放射線、抗がん剤治療、免疫治療、ホルモン療法など様々で、経済的負担が大きいのも少なくありません。がんになってしまった患者さんは不安で落ち込んでしまいますが、その家族も不安はつきないものです。

せめて費用だけでも安心して治療が受けられるように、入院以外の保障も充実したがん保険で将来の不安に備えましょう。