体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

マイホームを購入する時に加入すべき3つの保険とは?ローンを組むなら災害や不慮の事故に備えよう

マイホームの購入は、人生で一番大きな買い物のひとつです。信頼できる不動産会社を探したり、物件巡りなどやることも多く、大きなお金も必要になりますが、マイホームを購入するときは保険見直しの重要なタイミングでもあります。
多くの人が住宅ローンを抱えることとなるため、保険の見直しで出費を減らすことができないか検討することが大切です。

また何がいつ起きるかわからないトラブルのためにしっかり見直してみましょう。



マイホームを買ってローンを組むときには、半強制的に入ることを求められる保険が2つあります。マイホームを購入するとその後の維持や管理を自分で考える必要があるため、火事や地震に備え火災保険や地震保険に加入する必要があります。
住宅ローンを返済中の人は貯蓄が少ない傾向にあるため、火事や地震で家にダメージを受けた場合は貯蓄だけではまかなえなくなる危険性があるので、しっかり保障内容を検討して加入をしましょう。

もう一つ大切なのが死亡保険です。

死亡保険とは加入者が亡くなったあと、残された家族の生活を支えるための保険です。通常マイホーム購入のための住宅ローンを組む際には「団体信用生命保険」に加入します。団体信用生命保険はローンを返済する人が万が一亡くなったり、高度な障害を負った場合、その時点で債務残高に相当する死亡保険金が貸し手である債権者に支払われ、借入金がなくなるという仕組みです。

ローン返済者に万が一のことがあった場合、遺族がローン返済を引き継ぐと返済不能などのトラブルが多いため、銀行ではこの保険に加入することを条件に住宅ローンを貸すのが一般的です。団体信用生命保険も生命保険の一種ですので、保険料が必要になりますが、ローン金利の中に保険料が盛り込まれている形になりますので、保険料を意識する必要はありません。
これから住宅ローンの返済が始まりますので、住宅を購入したあとも死亡保障中心の保険に加入したままの人は家計のことを考え保険料の見直しが必要になります。

このように万が一ローン返済者にトラブルがあったとしても、住宅ローンの返済は心配いりませんが、残された家族の生活が問題になってきます。
そのためにも死亡保険の見直しは大切です。

死亡保険には定期保険、収入保障保険、終身保険などいくつかの種類があります。定期保険は一定の機関に死亡した場合のみ支払われ、保険料は掛け捨てです。収入保障保険は的保険の一種で一定期間内に死亡した場合、保険金が年金形式で支払われます。

終身保険は一生保障が続き、死亡した時に死亡保険金が支払われるもので、これらに医療保険や年金保険などを組み合わせたパッケージタイプのものなどもあります。子供がいる場合は住宅ローンの借入金がなくなっても、その後の生活が心配です。子供が小さいうちでは、独立するまでの生活費や教育費は平均で3000万円ほど必要になります。
子供の成長とともに必要な保障額は減っていきますので、もっとも無駄なく備えられるのは収入保障保険で、保険料も安く済ませることができるでしょう。

死亡保険は基本的に受け取れるのは遺族ですが、途中で解約して本人が受け取ることもできます。ただし貯蓄とは違うため元本割れをしてしまうこともありますので、注意が必要です。

このようにマイホームを購入する時は、保険見直しの大切な時期です。家族構成や子供の年齢などよく検討し、保険を見直していきましょう。最近では保険の見直しや保険選びなど保険の相談窓口が多くあり、専属のコンサルティングアドバイザーが適切な保険を提案してくれます。
保険の見直しや選び方に悩んだら、相談し自分にあった保険を選んでいきましょう。

保険の相談にオススメなのは無料でプロのファイナンシャルプランナーによる保険相談が申し込める保険マンモスの保険相談というサービスです。

保険マンモスは保険やライフプランサポートのプロであるファイナンシャルプランナーを自宅まで派遣してくれて、ライフプランにあった保険や保険の仕組み、保険の比較などを無料で教えてくれます。なぜ保険相談が無料で利用出来るのかというと、転職エージェントと同じで、ファイナンシャルプランナーはお客様が契約してくれた保険会社から報酬を貰っているという構造なので、利用者である私達は無料で相談が行えるのです。

もちろん、押し売りなども無く、利用者にあった保険を比較して説明してくれますし、欲しい保険がなければ引き下がってくれます。

訪問の保険相談サービスの中でも利用者のレビュー評価が高く、手間もお金もかからないので、とても便利なサービスです。
ぜひ保険の加入や見直し、簡単な相談などに利用してみてください。


保険相談は加入するまではお金がかかりませんので、気軽に相談して、頭のなかを整理して賢い保険選びをしましょう。