読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

20代で医療保険料1万円は払い過ぎ。毎月の保険料は月収の3%を目安にしよう

病気や怪我で入院をしなくてはならない場合、治療費がかかってしまうだけではなく、働けなくなって収入が減ってしまったり家事や身の回りの世話をしてもらうためのヘルパーを頼むと思わぬ出費がかさみます。長引けばさらに金銭的に大きな負担になってしまうため、このようなリスクに備えるために20代でも医療保険の加入を検討している人が増えています。

医療保険の基本は病気や怪我で通院や入院したり、所定の手術を受けたときに支払われます。
いざというときに備える保険ですが、保障を厚くしすぎると保険料が高くなってしまい、家計を圧迫してしまいます。20代の収入ではいくらまでの保険料が生活に支障がなく負担ができるのか、考えてみましょう。



一般的に収入に対する保険料の割合は3〜10%が妥当だと言われています。もらっている給料の額によって変わってきますが、多くの人がこれくらいの割合に収まるようです。20代前半の平均月収は20万円前後とされているため、毎月の保険料は6000円〜2万円くらいが妥当な保険料と言えますが、1万円以上の保険料は高いと感じる人も多いでしょう。

高すぎる保険料は生活に支障がでてしまいますので、20代の保険料は月給の3%くらいが妥当と考えられます。そう考えると20代の医療保険は月に5000〜6000円ほどが適当となりますが、この保険料で入院や通院を補うことができるのでしょうか。

日本には公的医療保険、公的年金、公的介護保険などの公的な社会保険制度があります。会社員は健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などを給与天引きで、自営業の人は国民健康保険や国民年金などを自分自身で安くない保険料を毎月支払っています。

これらの公的医療保険には様々な給付金あるので、それらを利用しそのうえで足りない分を民間の医療保険で補うと無駄がありません。公的医療保険制度により病気や怪我で治療を受けた場合、負担するのはかかった医療費の3割ですが、心配なのが入院が長引いたり手術などで高額な医療費がかかった場合です。
1か月の医療費が高額になり、自己負担額が一定額を超えた場合には、健康保険から高額医療費というものが支給されます。

また病気や怪我の療養のために働けず、収入がなくなってしまった場合には、働けない間の収入をカバーする傷病手当金というものもあります。他にも会社員が加入する健康保険からは出産育児一時金や出産手当、埋葬料などが給付されます。

これらの給付金を上手に利用することで、民間の高い医療保険に加入しなくても十分に医療費をまかなうことが可能です。残念ながら自営業やフリーランスの人の加入する国民健康保険には傷病手当などの給付はありません。会社員に比べ公的保障は少なめですので、働けなくなったことを考えると民間の医療保険を手厚くしても良いかもしれません。

実際に病院や怪我で入院すると、平均で20万円前後かかるとされています。このくらいの金額なら高額医療費を申請したり、会社員なら傷病手当や貯蓄で十分補えるでしょう。20代で月に1万円の保険料を支払うならその半分くらいの保険料にし、その分貯蓄をするのも賢い方法です。
そして将来に家族が増えたり、年齢に伴って心配になってくる特定の疾患を保障してくれる保険の加入を検討していきましょう。

自分で貯蓄をするのが苦手という人は、貯蓄型の保険もおすすめです。
基本医療保険は掛け捨てですが、保険期間が長期にわたる的保険になると、保険料の一部が積み立てられ、解約するとお金が戻ってくるものもあります。

将来のことを考えて保険に加入することは良いことですが、家計が圧迫されるほど高額な保険料を払う必要はありません。また保険は入ったまま放置していては無駄がでてしまっていることもあるので、たまには見直しも必要です。

自分の収入にあった保険を選び、賢く将来に備えましょう。