読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

痔の原因は免疫力の低下にあった?痔の原因と痔に効く食べ物

f:id:miopika:20150602200202p:plain
 悩んでいる人が多い痔。痔があると用を足す度に辛く大変ですね。
 3人に1人は痔になっていると言われており、代表的な生活習慣病の一つです。痔にはいくつか種類があるのはご存知でしょうか。



裂痔(きれじ)

 便を出す際に、周りの通り道を傷つけることで出来てしまいます。肛門部分の表面が切れたり避けるため、血が出ることもあります。便をするたびに傷口がこすれてしまうため、ズキズキ、ヒリヒリとした痛みが伴い、それを怖がって便を我慢してしまうと、便自体が固くなってしまい、更に傷を増やすことがある厄介なものです。

いぼ痔

 出そうと思って必死に力を入れたり、無理な力で肛門を刺激してしまうと、肛門や直腸周りの血管がうっ血してしまい、いぼのように腫れてしまう症状です。肛門の奥の直腸部分にいぼ痔が出来てしまい、その症状が酷くなってくると、肛門の外側にまで腫れが出てくるようになってしまいます。

穴痔(あなじ)

 歯状線という肛門から少し入ったところに若干くぼみがあるところがあり、そこに細菌が入ってしまい、炎症したり化膿することで起こる症状です。症状が治まったとしても、膿んでしまったことで出来たくぼみはそのままなので、繰り返し症状が出ることが多いのだそうです。便をする時以外にも痛みがあり、早めに手術の必要がある痔です。


 主に排便の際に痔になることが多いものですが、日常生活においても痔になる要因はいくつかあります。

 仕事などで日々私たちが感じるストレスは、これによって身体の免疫が落ちてしまうため、ちょっとしたウイルスや細菌に感染しやすい場合が多いです。また、ストレスによって便秘がちになる人もいます。便秘も痔に繋がりやすい要因です。
 仕事による過労もストレスと同様に免疫が低下してしまい、痔に繋がることがあります。便に含まれている細菌が肛門周辺に入り込み、炎症などを引き起こしてしまうこともあります。長時間座りっぱなしの場合も、肛門周辺の血管をうっ血させ、痔に繋がってしまいます。

 このように、普段の生活の中で痔になる要因のあるものはたくさんあります。こまめにストレスを発散するようにしたり、休める時にはしっかり休み、椅子にクッションなどお尻に負担がかかりすぎない対策が必要です。

 食物繊維は便通を良くしてくれるので、野菜などを中心に食事を摂るもの良いと思います。なるべく便が滞らないよう工夫しましょう。また、野菜に含まれる栄養は身体の機能を高め、免疫を高めてくれるので、積極的に摂るようにしましょう。また、この時にはあまり脂っこいものや辛い刺激物は腸に影響が出てしまうので控えるようにしましょう。
 食事によって腸にやさしい便にすることで、腸への刺激も和らぎ、悪化するのを防ぐことが出来るはずです。とは言いましても、便の菌が傷口に入って化膿してしまう可能性があるので、なるべく早めに病院へ行きましょう。