読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

濃い体毛に悩む男性はブリーチや除毛クリームでムダ毛対策をしよう。男のムダ毛対策

体毛が濃くて悩んでいる男性へのムダ毛対策コラム

体毛が濃いというのは、女性にとっては当然の悩みですが、男性も体毛が濃くて悩んでる人は意外と多いんです。
毛深いことが恥ずかしくて、夏になっても薄着が出来ない人もいたりするのです。では、どうして彼らは体毛が濃いと恥ずかしいのでしょうか。

体毛が濃いことを悩む男性にとっての悩みは、毛が濃いことで女性から避けられてしまうんじゃないかということが根底にあるようです。
実際に女性に対して体毛の濃い男性の印象は、否定派と肯定派に分かれます。肯定派の意見については、そんなに気にならないとか、父もそうだったから彼がそうでも全然だいじょうぶなど、根本的に肯定する意見が多いです。
だから、体毛の濃い男性もあまり気にしなくてもいいところなんでしょうが、やはり独身男性は体毛が濃いことを実に苦にしているのです。

それは否定派の意見を読んでみるとわかります。



何件か拾ってみると、

毛深い男性は不潔というイメージがある
手入れをしろと言いたい
マナー違反だ!

などとかなり言いたい放題。この言いたい放題が体毛の濃い男性の男心を傷つけてしまってるのです。女性は残酷ですよね。

後は体毛が濃いと禿げるというのも体毛の濃い男性の心を傷つけていたりしますが、本当にそうなんでしょうか。確かに、髭の濃い人は禿げてる人って意外と多いのです。

これは、体毛が濃いということはイコール男性ホルモンが多いことで、禿げるというものです。本当にそうなんでしょうか。

実際には、男性ホルモンの量だけで禿げるということは絶対にありません。ただ、男性ホルモンが分泌して、分泌した部分を不潔にしていると、分泌した周辺の毛穴に男性ホルモンが分泌した際の皮脂が詰まって、それが原因で禿になってしまうというのが、禿のメカニズムなでの、毛が濃いという理由だけで禿げるというのは全くの嘘です。

では、体毛が濃いと言われて、悩んでいる男性はどうしたらいいのか。女性のようにムダ毛対策はあるのかというと、実はあります。次に男性のムダ毛処理について、お話をします。

まず、男性専用の永久脱毛というやり方があります。こちらは、インターネットで検索をすれば、いくらでも出てきますので、どれがいいか自分で選んでみたください。

こちらでご紹介をするのは、自分でやるムダ毛対策です。まず、絶対にやめたほうがいいのは、「剃ること」と「抜く」ことです。これらは、抜いたり沿った場所によっては逆にみっともなくなりますし、後も残りますのでかっこいいものではありません。

男性のムダ毛対策その1―切る

まず気になるところをカットする。これはハサミでここは濃いのではないかと思うところを、切ることで随分見た目が変わってきますよ。ある程度金銭的余裕があれば、ヒートカッターを使うという方法もあります。こちらはムダ毛専用でもあるので、きれいにカットできます。焼き切るという方法では線香を使うというやり方もありますが、こちらはやけどの恐れもあり、また、時間もかかるので、あまりお勧めできません。

男性のムダ毛対策その2―ブリーチ

ブリーチクリームを使って毛の色味を薄くするというやり方があります。毛の色が薄くなるので、毛の濃さが目立たなくなります。男性専用のボディー専用のブリーチクリームは売っていますので、こちらを使ってみるとよいでしょう。ただ、人によっては合わない場合もあるので、初めての時はパッチテストを必ずやるようにしたほうがいいでしょう。

男性のムダ毛対策その3ー除毛クリーム

女性が嫌いならば、その部分を除毛クリームで思い切ってなくしてしまうという方法もあります。除毛クリームは、その言葉通り毛を除くためのクリームなので、きれいに処理することが出来ます。
除毛クリームはタンパク質がアルカリ性に弱いという性質を利用して毛を処理しているのですが、クリームを塗布するときに、毛だけに塗ることは無理で、結局肌にもそのクリームも付着します。肌自体もタンパク質で出来てますので、当然負担がかかりますから、除毛クリームを使用した後は、しっかりとスキンケアをしましょう。

以上、男性のムダ毛対策についてお話をしてきましたが、是非自分にあったムダ毛対策をしましょう。それと注意したいのは、毛の生えている場所によって処理法が異なってくるので、実際に自ら処理する場合は、きちんと計画を立てて、どうやるのかということを決めてから、処理をした方が良いです。それでもわからない!ということになった場合には、友人や専門家に相談してみるのも良いかもしれません。