体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

女性の濃い体毛の悩み解決法。すね毛やムダ毛を薄くする方法とは?

女性なのにひげが生えている。
すね毛などが濃いような感じがする。女性の濃い体毛への悩みは深刻です。

やはりすね毛やひげなどはムダ毛としか思えません。これらの体毛が濃い原因をチェックして、対策法を考えていこうと思います。

特に顔は女性にとって一番大事ですから、その顔に女性であるにもかかわらずひげが生えているというのは、女性としてはルックス的にもつらいものがありますし、すね毛なども女性にとってははっきり不要としかいいようがないですよね。

それではどうして体毛が女性なのに濃くなるのかというと、肉体的な原因としては、ずばり男性ホルモンの分泌が多くなるからです。
詳しく見ていきましょう。



この場合ですと、テストステロンという男性ホルモンが、 毛穴の奥の毛乳頭、毛乳体に発毛するように指令を出すと、毛母細胞という毛を太くする細胞が増殖します。そのため男性の体毛は太く硬くなり、ひげや体毛が濃くなります。

女性なのに男性ホルモンを分泌するのかという疑問が出てきますが、男性ホルモンや女性ホルモンは、性別問わずに持っているものですから、女性だから男性ホルモンが分泌しないということはないのです。女性の濃い体毛の原因は、この男性ホルモンの分泌料が多くなることなります。

次に女性の男性ホルモンが多く分泌する原因は何かということになりますと、一つはストレスです。ストレスによって自律神経のバランスが乱れることで、ホルモンの分泌に大きな影響を与え、ここで女性なのに男性ホルモンのが多く分泌され、結果的に体毛が濃くなるということになるわけです。

では、どうして女性の体毛まで男性ホルモンに影響をされてしまうのかという根本的な疑問が出てきますよね。これは女性の体内で男性ホルモンを作っているのは、卵巣や副腎です。

卵巣や副腎で作られた男性ホルモンは、たんぱく質を筋肉に変えたり、皮脂の分泌を促したり、正常な体の働きに欠かせない役割を担っていて、その役割の一つに体毛を発育させるという作用があり、そのことで女性でも体毛が濃いというのは、ここが根本的な原因になります。ちなみに、後述しますが、女性の体毛が無用に多い場合、多毛症という病気の可能性があります。
女性が多毛症になる理由というのは、卵巣と副腎の疾病が原因です。

もう一度、男性放るもんに話を戻しますと、男性ホルモンが体毛を濃くしているのだから、男性ホルモンの分泌を抑えれば、体毛が薄くなるのかということでは全くなありません。男性ホルモンも女性の健康な体を作る上ではとても重要なものだからです。単純に女性ホルモンを増やすと、他の問題に影響する可能性があります。具体的には乳癌のリスクにもなりますので、この辺りは慎重に対応することが必要です。

では、女性の体毛対策はどうしたいいのかということですが、これは2つあります。一つはズバリエステに行き、処理をしてもらうということです。永久脱毛など色々とあるので、強制的にムダ毛を脱毛してしまうというやり方が一つ。

もう一つは、体毛の濃さに改善が見れらない場合には、先ほど多毛症という病気の可能性もあります。まずは婦人科で診てもらいましょう。女性の場合の多毛症は多嚢胞性卵巣症候群が最も多い原因で、症状としては多毛の他に肥満や無排卵に伴う月経異常と不妊です。こうなると明らかに病気ということなので、婦人科に行って適切な診療をしてもらうことが大事です。

予防対策としては、まずは男性ホルモンが過剰に分泌しないようにすることですから

・ストレスをためない
・不規則な偏った食事をしない
・夜型の生活を改めて規則正しい生活をする
・過度なダイエットはしない

これらの4つをきちんと実行することが大事です。