読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

歯の矯正体験談。歯並びを綺麗にするメリットと矯正に伴うデメリットとは?

f:id:moguhausu2:20150614205227j:plain

生まれつき歯並びが整っている人はなかなかいません。
そんなとき、みなさん歯列矯正について考えると思います。
この汚い歯並びだって矯正をすれば美しくなれる!

それは確かに間違いではありません。

しかし、歯列矯正というのはもともと生えていた歯を歯槽骨から動かし、一度骨を溶かしてから美しい位置に持ってくるという治療です。
考えてもみてください。もともとその位置にあった骨を溶かして動かすのです。その大変さは並大抵のことではありません。

では、今回はそんな矯正にまつわる苦労と、その苦労に耐えてもいいと思わせる矯正後の利便性について紹介します。



どうして歯の矯正が必要なの?

まずはなぜ矯正が必要な歯が生まれるかをご説明しましょう。

一番多いのは単純に、生える歯の大きさに比して顎が小さい人です。
もともと生えるスペースが小さいところに無理やり普通サイズの歯が生えてくるので、八重歯や乱杭歯など、みなさんになじみ深い汚い歯並びが発生します。
これは審美上の問題だけでなく、歯ブラシが重なり合った歯の奥まで行き届かないため虫歯になりやすい、などの現実的な問題が生まれる原因ともなります。
特に日本では可愛いと言われることもある八重歯ですが、外国では吸血鬼の歯と呼ばれて忌み嫌われます。

次に、人によってはあまり気にならないかもしれない空きっ歯。
こちらは逆に、歯の大きさに比して顎が大きかったり、埋没歯と呼ばれる本来生えるはずの歯が生えなかったことで生じます。
隙間があるだけで案外歯並びはきれいな人が多いので、これはあまり気にならない人もいるかもしれませんね。
ただしこれも、歯と歯の隙間に食べ物が挟まるなどして虫歯の原因となることが多いので、治せるものなら治した方がいいでしょう。

単純に噛み合わせの悪い人もいます。
こちらは特に目立った歯並びの悪さなどはありませんが、歯と歯どうしがうまく噛み合っていないため、食事や歯を噛み合わせるたびに歯に過大が負担をかかり、腰痛や肩こり、ひどいと歯の折れなどの損傷を招きます。
見た目は最も軽いように見えますが、かなり致命的な歯並びともいえます。

そして最後に、もっとも目立ち、本人のコンプレックスになる出っ歯があります。出っ歯を売りにする芸人もしますが、大半の人は出っ歯をからかわれたり、出っ歯が原因で恋愛もうまく行かなかったり、辛い思いをすると思います。

こちらは顎の骨格によるものと、単純に歯に原因があるものがあり、何が原因であるかとは一概に言えません。
また。中には病的に舌が短い人も存在し、そのような人は常時舌で前歯を押してしまうような形になるので、後天的に出っ歯になりこともあります。

では。

「もうこんな歯でいたくない!」「芸能人みたいな歯を手に入れたい!」というあなたに。

ここからは経験者の目から歯列矯正についてご説明します。

歯列矯正のやり方とは

まず、ただ単に顎の小さな人。
こちらはその顎の小ささに見合うように歯を抜いて減らします。
もちろん抜いたばかりのときは歯茎に空白ができますが、歯槽骨を動かすワイヤーという装置を歯の表面につけることでどんどん歯が動き、最終的には理想的な歯並びになります。

空きっ歯の人はもともと顎に比して歯が小さいだけなので、ワイヤーをつけるだけで比較的早く歯が動いていきます。
ただし、埋没歯などのせいで空きっ歯があり、それを生かした治療をしたい場合は大学病院などで手術をし、牽引治療をする必要がある場合もあります。
しかしそれで左右対称の美しい歯並びが手に入れられるのならば、やってみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

単純に噛み合わせの悪い人。
こちらはスプリントという、噛み合わせを矯正するマウスピースのようなものを医師の指示通り装着するだけで治る可能性もあります。
しかし、それだけでは不十分な場合は上記のように歯にワイヤーをつけ、歯槽骨を動かすこともあります。これに関しては医師の指示に従ってください。

そして最後に出っ歯の人。
こちらは千差万別です。
子供のころから顔全体にワイヤーをつけて顎矯正をし、抜歯もせず、歯にワイヤーもつけずに治る人もいますし、全身麻酔で顎の手術をしなければいけない人もいます。
こちらについてはまず、信頼のおける矯正外科医に相談し、その後についてよく話し合った下さい。

歯列矯正のメリットとデメリット

ちなみに歯列矯正は大変な痛みを伴います。

骨を溶かして再構築するため、骨が溶ける際はものが噛めないほどの痛みが伴います。また、ワイヤーを常時歯に接着しているため、歯磨きが行き届かず、大変虫歯になりやすいです。
そしてその期間はおおむね3年間ほどかかり、料金も約70万円から80万円かかります。

しかしそれでも私は矯正できたことを嬉しく思います。
人前で堂々とにっこり笑う自信、「きれいな歯並びですね」と褒められること、肩こり、頭痛の消滅…。

歯列矯正には数々の困難を乗り越えても、お金に換えられない数えきれないメリットがあります。
もし迷っている方がいたら、ぜひ検討してみてくださいね。