読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ほくろの切除はレーザーとくり抜き法のどちらが良い?跡が残らないほくろ切除の方法とは

f:id:moguhausu2:20150613122051j:plain
顔に点々と散る黒点…ほくろ

これさえなければもっと自分は美しく幸せになれるかもしれないと思う人も多いと思います。
どれだけの美女でも鼻の頭やおでこに大きなほくろがあれば台無しですよね。

皮膚科にも

「このほくろは運が悪い」
「このほくろは体裁が悪い」

などいう理由で無害なほくろを取りたがる人が増えた時期があり、皮膚科医は大いに困ったそうです。

今回はほくろについて語っていこうと思います。



一般にほくろと呼ばれるものはほぼ無害な皮膚の腫瘍です。
日光を過剰に浴びたりすることや、体質的なものから、通常の皮膚に褐色の色素を作るメラノサイトが集まることにより発生します。

ですから特に、メラニンを作る力の弱い色白の人は日光に当たることに気を付けてください。
そのような方は生まれつき紫外線への防御力が弱いのです。
通常の人ならなんともないような紫外線照射でもほくろやシミが多発することがあります。

さて、よく、50代くらいの女性の鼻の横に1cmくらいの肌色のこぶができていることがありますよね。
これもほくろの一種です。
子供のころは皮膚面に表れていたほくろ細胞が経年とともに次第に皮膚の深い部分に入っていき、あの
ようなこぶになるのです。

こうなるとなかなか取ることはできません。

ほくろは少しずつ成長していくこともあるため、どうしても気になるほくろがある場合は早めに処理して
しまいましょう。

小さく厚みのないほくろですと、くりぬき法がお勧めです。

ほくろのサイズにあったパンチ機を使って、文字通りほくろをくりぬきます。
丸くきれいに取れるので処置直後でもそれほど目立ちませんし、糸で縫う必要もありません。

傷跡は半年から一年でほぼきれいになります。へこみも赤みもほとんど目立ちません。

唯一面倒なのは、赤みがあるうちは紫外線対策をしっかりしないとしみになる可能性があることと、
また、医師が想定していたより厚みのあるほくろだった場合、再発する可能性があることです。

ほくろのレーザー蒸散は一見お手頃でよさそうですが、レーザーの出力が適さなかった場合、大きなへこみが残ったり、逆に再発を繰り返すことが多いので、ほかの手法と組み合わせて使われる
ことが多いです。

ですから、どちらかというと確実なのはくりぬき法ですね。

ここまでが一般的なほくろの処置となります。
ここから下は多少特殊なほくろの処置となります。

ほくろというよりも母斑と呼ばれるような、5cm×5cm程度の大きなほくろの場合。
これは基本的にメスによる切除術が適用されます。
このように書くと不安に思わえる方も多いでしょうか、現在はZ形成術という皮膚の動きに沿った
ほとんど跡が残らない切除方が普及しているので、昔のように大きな跡が残るということはほとんどありません。
心配な場合は医院のホームページの術後写真を何軒も見るといいでしょう。
自信のある医師ほどたくさんの症例写真を公開しているはずです。その際は、一か月後→三か月後→半年後
という風に時間が過ぎた時にどれだけ傷跡が改善されているかもよくチェックしましょう。

また、突然大きくなり始めたほくろや色がまだらなもの、ふちがぎざぎざと汚いものは基底細胞がんの恐れが
あるので見つけ次第皮膚科で診断を受けてください。
早期であれば早期であるほど良い予後が期待できます。