読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

逆立ちダイエット法が効果的な理由とやり方まとめ。血行がよくなりスリムになれる

f:id:miopika:20150528192944j:plain
 最近は健康やダイエットを意識している人が多く、さまざまなダイエット法が取り上げられていますね。ダイエットにはむくみは天敵。しかしふくらはぎなどはどうしても身体の下にあるため、重力などの関係で水分が溜まってしまいがち。


 身体が逆だったら浮腫まないのに!
 そう思いませんか?

 まさに今回紹介する方法は、そんなふと思いついたことから誰かが編み出した、興味深いダイエット方法です。

 身体が逆だったら…と、ふと思った人がいたのでしょう。そして試してみたところ、本当に効果があった!というような、偶然ともいえる方法。『逆立ち』です。
 え?と思った人もいると思いますが、身体を逆さまにすることで、足元に溜まっていた血液や水分が頭の方に向かって流れ、本当に身体への巡りが改善されるようなのです。



 通常、ふくらはぎは身体の血液をお腹、頭の方へ向かって送り出す役割をしているのですが、筋力が低下している場合や、長時間座っていたりなどでうまく送り出すことが出来なくなってしまいます。それによって浮腫みが生じ、最初はふくらはぎだけでも、それが続くと身体全体の代謝まで悪くなり、結果的に上手く消費できない太りやすい身体になってしまうのです。
 
 逆立ちはそれを解消してくれる、何ともユニークな方法だと言えます。逆立ちは体重を支えるために腕の筋肉を使い、バランスを取るために腹筋なども使うため、血行を良くすることだけではなく適度な運動にもなりますね。身体の芯から鍛えられるため、バランスの良い引き締まった身体になります。

 さすがに会社の休憩中は恥ずかしくて出来ませんが、家に帰って湯船につかって身体の血行を良くした後などに逆立ちをすると効果的かもしれませんね。身体と壁があれば出来ますから、手軽に始めることも出来ます。

 ただ、まだ慣れていないうちからいきなり長時間逆立ちを続けるのはやめましょう。頭に血が上ってフラフラになって危険です。最初は数秒など短い時間を何回か繰り返し、だんだん腕も頭も慣れてきたら秒数を少しずつ長くしていきましょう。

 逆立ち自体が苦手な人は、脚だけを壁に預けるのも一つです。家でくつろいでいる時や本を読むときなどに、ちょっと横になって足を壁に立てかける。これだけでも十分に効果を感じることが出来ます。

 私も20歳そこそこの時は浮腫みでひどく苦しみました。運動もそこまでしていなかったため、身体自体が浮腫みやすくなっており、必死にマッサージをしてようやくブーツが履けた…という経験もあります。これほど浮腫みやすくても、脚を壁に立てかける習慣をつけたことで、その時はだいぶ浮腫みがが軽減されました。毎日夜にむくみをリセットしてあげる習慣をつければ、身体も少しずつ変わってきてくれます。

 浮腫みでお悩みの方は是非だまされたと思って逆立ち、脚上げをしてみてください。マッサージを取り入れるといっそう効果は期待できるはずです。