体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

45歳男性の生命保険見直しのコツ。先端医療特約など新しいオプションへの加入を考えよう

45歳男性の生命保険の考え方について。

男性の場合、45歳になると、会社によっては管理職となり、しっかり責任をもってチームを引っ張るような、まさに働き盛りまっただ中という感じですよね。
一方で、様々なストレスの多い世代でもありますし、お酒の席も多くなり運動をする時間も減り、だいたいこの時期に健康診断で変なものが見つかったりします。

この世代で必要なことはというと、結局そんなに若くはないということもあり、少しでも将来にお金を残して本当の安心を手に入れようとする時期になったということを認識するべきで、45歳は自分のライフプラン、ライフスタイルに合った生命保険を見つける最後のチャンスですよ。

この記事では45歳の男性をモデルに生命保険の見直しのコツについて記述します。



長寿化した日本の実情を考える

生命保険は、一般的には亡くなった時の事を考えることが多いですが、実際にはほとんどのケースは天寿を全うしていることが多く、特に日本の場合には男女ともに平均寿命が上がってきているということを考えてみると、まずは、老後を元気に迎えることを考えたほうが良いと思います。

そうすると、老後資金はどうするのかということを、考えて保険を見直すということも必要になります。保険には養老保険といった貯蓄性の高い保険もあります。

このように超高齢化社会における保険というのは、どういうことをポイントにして考えるべきなのでしょうか。
通常保険における死亡保障の考え方というのは、子どもの独立をまでしか視野に入れていない保障設計をしているケースが多いのです。

そうすると、老後の奥様との生活のことが含まれていないので、この辺りをポイントとして、死亡保障を見直す必要があります。

入院給付金の時期を見直す

それと医療保障を見直す必要があります。45歳で保険を見直す場合に、新社会人で加入した時の医療保障が形骸化している場合があります。

例えば、現在の医療保険の主流は、入院1日目から入院費が給付されますが、かつての保険は最初の4日間は、免責といって、入院してから4日目までは給付がされませんでした。この点でも見直しは必要だと言えます。

入院限度日数を見直す

また入院限度日数は、最近は60日に設定しています。
以前は入院限度日数は120日だったり、3年間だったりしていたので、保険料が高かったんですね。

実際に統計では平均日数が36.5日、入院患者の半数は8日以内に退院し、8割は24日以内に退院するそうですから120日以上設定しているのであれば、それも見直しをして、少しでも保険料を下げるようにしたほうがいいでしょう。

先端医療特約を検討してみる

過去の保険になかったオプションとしては、先進医療特約です。
厚生労働省が定めた先進医療と言うのは、簡単にいうと健康保険が適用されずに医療費を全額自己負担ということなります。

この先進医療には300万円もかかるものがあったりして、そうすると資金的な問題が浮上しますよね。
最近の保険には、このこの先進医療特約といって、高額になるであろう医療費に対応する保険金が支払われます。

以前の保険にはないオプションなので、こちらも追加するかどうかと言う検討も必要になってくると思いますね。

このように45歳の男性は公私ともに責任が大きくなり、その責任を果たさなければいけません。
その責任の一つとして生活するための資金をどうするかということをきちんと考えないといけないのです。

保険は時代と共に変わっていくものですから、まずはプロに相談してみましょう。
保険の相談にオススメなのは無料でプロのファイナンシャルプランナーによる保険相談が申し込める保険マンモスの保険相談というサービスです。

保険マンモスは保険・金融のプロであるファイナンシャルプランナーを自宅まで派遣してくれて、ライフプランにあった保険や保険の仕組みなどを無料で教えてくれます。
なぜ保険相談が無料で利用出来るのかというと、転職エージェントと同じで、ファイナンシャルプランナーはお客様が契約してくれた保険会社から報酬を貰っているという構造なので、利用者である私達は無料で相談が行えるのです。

もちろん、押し売りなども無く、利用者にあった保険を比較して説明してくれますし、欲しい保険がなければ引き下がってくれます。

訪問の保険相談サービスの中でも利用者のレビュー評価が高く、手間もお金もかからないので、とても便利なサービスです。
ぜひ保険の加入や見直し、簡単な相談などに利用してみてください。



保険相談は加入するまではお金がかかりませんので、気軽に相談して、頭のなかを整理して賢い保険選びをしましょう。