体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

住宅ローンを借りる時に知っておきたい団体信用生命保険の基礎知識。月額保険料はいくらの負担になる?

団体信用生命保険とは

家は一生の買い物です。
高額ということもあり、金融機関から住宅ローンを借りて購入するケースがとても多いです。

一方で不動産のセールスマンから言われるのは、仮にご主人に万が一のことがあっても団信があるので、安心ですよということです。

この団信と言うのは、団体信用生命保険の略です。
仕組みとしては住宅ローンを借りている本人が、死亡したりあるいは高度障害状態になった場合になった場合に、収入が途絶えてしまった場合にそのローンの残債が残された家族に引き継がれることなく、保険会社が保険で支払うという保険です。

万が一の時に生命保険によって住宅ローンの残債はなくなるという保障ですね。

今回はこの団体信用生命保険について詳しく見ていきましょう。



この団体信用生命保険というのは、銀行などの民間金融機関が住宅ローンを組む場合、借り入れをする際の条件としています。

これは、債務者の住宅ローンが滞った場合に、それが死亡や高度障害状態といったやむを得ない理由の時には、保険がおりて住宅ローンを完済するということで、貸し倒れのリスクを回避できるということもあります。

また死亡や高度障害と言った実に債務者の家族にとって精神的にもしんどい時期に、法的な処理をせざるを得ないということをしないで済むと言うメリットがあります。

ちなみに住宅ローンを組んだ時の利息に保険料が実は含まれているので、返済が続く間は保険会社にもきちんと保険料が支払われるという仕組みにもなっています。

また、一部の民間金融機関とフラット35では、団体信用生命保険への加入が任意となっています。
フラット35を借入れし、団体信用生命保険に加入する場合は、保険料を住宅ローンの返済額とは別に年に一度支払います。
特約料は残高によって決まります。

また、夫婦が連帯債務者になっている場合には、二人で加入できる「デュエット」があり、夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または高度障害状態になった場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残債務が全額弁済されるというものです。これは良い仕組みですよね。

最近では、死亡と高度障害以外に、三大疾病保障付き、七大疾病保障付きなど、特約付きの団信も数多く出ています。これは実に素晴らしい仕組みだと思いますね。
三大疾病というのは、

・癌
・急性心筋梗塞
・脳卒中

が原因で一定の要件を満たした場合に、住宅ローンは保険で支払われます。
七大疾病保障付の団信になると、これらの疾病の他に

・高血圧性疾患
・糖尿病
・慢性腎不全
・肝硬変

となった場合に保険金が支払われます。

このように、家を安心し購入できる団体信用生命保険と言うのは、実によく出来ている保険だと思います。
ただ、一方で様々な特約がつくということは、金利に上乗せされるということで、月々の住宅ローンが割高になるという批判もあります。
また途中解約ができないという批判もあります。

こちらについても、家を買うにあたって、大きなお金を借りること自体がリスクですが、幾らかの保険料を払うことでそのリスクを払拭してくれるということを考えると、個人的にはこれらの批判は当たらないんじゃないかと思います。

因みに2000万円を35年ローンで1.25%で借り入れた場合にの月額の支払いはと言うと、

団信加入なし月額:58,817円
団信加入月額:61,727円

で、月額の差額はというと、わずか2,910円です。

総額でも
団信加入なし支払総額:24,703,140円
団信加入支払総額:25,925,340円

差額は、1,222,200円。これは35年ですからね。2000万円の保障を月額3,000円未満だったら、安心して家が買えると思います。

このように、団体信用生命保険というのは、家を買う者にとっては実に安心な素晴らしい仕組みだと思います。