体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏風邪を引かないようにする対策方法。夏風邪によくあるおなかの風邪の予防法・長引く原因を知っておこう!

f:id:miopika:20150525114530j:plain
 風邪は寒い冬の季節に弾くものだと思っている人は多いと思います。
 しかし、夏も容赦なく菌は身体に襲い掛かります。
 しかも、夏風邪は長引きやすい、厄介なもの。

 今回は夏風邪が長引きやすい原因をお話していこうと思います。


 『風邪』と一言で言っても、冬に引く風と夏に引く風は全くの別物です。ウイルスにも寒さや乾燥が大好きなものがいれば、暑い方が好きなものもいて、それによって私たちは夏にも冬にも体調を崩してしまいます。

 乾燥や寒さで、私たちは喉をやられます。肺炎など呼吸器系統の病気が増えるのは、この乾燥のせいです。夏場は高温多湿になり、身体の水分や温かさを求めてウイルスが入ろうとします。体内はウイルスにとって最適な環境となり、どんどん増殖して病気になってしまうのです。食中毒など、胃腸関係の病気が多いのは、このせいです。

 では、なぜ夏風邪は長引きやすいと言われているのでしょう。それは、家の中、家の外、会社など、環境によって極端に温度が違う点にあります。夏バテもこれが原因で起こってしまいます。身体は常に水分量や温度を一致に保とうと奮闘しています。暑い環境では汗を出すなどして温度を下げようとし、寒いと感じたら縮こまり、なるべく熱を逃がさないようにします。

 私たちは特に意識していませんが、これは身体にとってかなりの負担になっています。中と外の温度差があればあるほど、身体は頑張って対応しなくてはなりません。これで疲れを起こして機能しなくなり、夏バテになってしまうのです。体力もぐっと落ちてしまい、ウイルスに対しても戦う力がなくなってしまいます。このために治りにくくなってしまうのです。

 また、先ほどお話ししたように、夏場は胃腸が病気になりやすく、お腹を下す人も多いです。こんな時に皆さんが飲む下痢止め。これが原因となっていることもあります。

 ただの疲れではなく、ウイルスによって下痢が出ている場合、便や腸にはウイルスがいっぱい潜んでいます。下痢止めで止めてしまうことは、ウイルスを身体の中に溜めこんでしまうようなもの。これによってさらにウイルスが増えて、症状が重くなってしまうこともあるのです。

 働き盛りなサラリーマンに風邪は大敵です。集中したいのに、具合が悪くては効率が下がるばかりです。夏風邪を防ぐためにも、長引かせないためにも、正しい予防法・対処法が必要です。

 よく言われていることですが、手洗いはきちんとしましょう。生活するうえで大活躍する手は雑菌もたくさん抱えています。ここから食べ物に移り、身体に入り込むことが多いですから、しっかりと石鹸をつけてこまめに洗いましょう。

 あまりに冷房が効きすぎた環境も良くありません。外との温度差を±5度までに抑えるのが望ましいですが、会社ではなかなか設定を変えにくいこともあると思います。そんな時にはひざ掛けを使用するなど、便利グッズを利用して、直接冷房が身体に当たらないようにすることだけでも効果は変わってきます。

 また、ヤクルトや飲むヨーグルトなどを摂取して、腸内環境を整えておくと、夏のおなか風邪に強くなります。

 おすすめは明治のR-1ヨーグルトです。
 R-1ヨーグルトは胃腸の風邪を防止するだけでなく、日々摂取することによって秋にかけて酷くなる花粉症の予防にもなります。


 身体の負担を出来るだけ減らし、健康な身体を作っていきましょう。