体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

貯蓄型生命保険の種類と特徴。返還率100%を越える保険はどんなものがあるの?

保険に加入していると、毎月支払っている保険料が万が一の時に備えてということを目的にして毎月保険料を支払っています。

ただ、この保険料は自分に万が一の事がないと、保険金はおりないし、結局掛け捨てになっているというのは何か納得出来ない感じがしませんか?

月々2,000円程度の保険料だから、掛け捨てでもいいのではという意見にどうしても納得出来ない人もきっといることでしょう。

そういう人のためと言うか、支払った保険料が掛け捨てにはならない保険があります。
いわゆる貯蓄型の保険と言われるものです。

こちらは、万が一の時じゃなくても、満期になったり、途中解約をしても、支払い済みの保険料が戻る保険の事です。


貯蓄型保険の種類

貯蓄型の保険の種類は、養老保険だけではなくて、実は様々な保険があります。

列挙しますと、

低解約返戻金型終身保険
個人年金保険
外貨建て保険
変額保険
一時払い終身保険

などがあります。

低解約返戻金型終身保険

この中では特に安定している保険で、経済動向によって支払われる保険料が変動することはありません。保険料をしっかり払えば、満期の時に支払われる金額も増え、死亡保障にもなります。

30歳男性 
死亡保険金額:1000万円
保険料:月々17,490円
保険料払込:60歳まで
保険期間:終身

この条件で支払い続けると、60才に630万円ほど払うことになるのですが、60才で解約払戻金をもらうときは775万円までたまっており、60才の時に払い戻しをせずに70才の時に解約をすると、820万円になっています。

この保険のデメリットは、途中解約をすると、逆に解約払戻金はそれまで支払っていた保険料を下回るということです。

個人年金保険

名前通り老後に年金が支払われる保険です。

メリットは、銀行預金よりも利率が良く保険料は自動引き落としですから、保険料が自動的に積み立てられることです。

デメリットは保険会社が倒産した場合には、年金が減額される可能性があります。

外貨建て保険

外貨建て保険は外貨で保険料の支払いや保険金の受取りを行うタイプの保険です。
メリットは、高い金利の通貨で運用するので、貯蓄性で有利です。

また、予定利率も高いので保険料は安くなります。
デメリットは、為替差損が発生するということです。特に円高になると、受け取る金額が減ります。

変額保険

変額保険の特徴は、保険金を保険会社のディーラーが運用しますので、運用に成功すれば将来受け取る保険料が増えますし、失敗すれば、支払っている保険料を下回るリスクが有ります。

保険というよりも投資信託に性格が似ていますから、経済情勢に左右される保険です。

一時払い終身保険

保険料を月々支払うのではなく、一括で支払う保険が一時払い終身保険です。

例えば

60歳男性
保険料:約500万円(一括)
死亡保険金額:620万円
保険期間:終身

一括で約500万円支払います。
4年目には100%を越えて、 10年後には104%と4%増えます。75歳時には106.5%となります。

もしその間に万が一のことがあった場合死亡保険金額が620万円支払われます。

銀行にお金を預けても、ここまでは利率はよくありません。
貯蓄という意識をもつと、加入後4年目以降であれば基本的には損はしない生命保険です。

生命保険の死亡保険金の非課税枠を利用して、相続税対策で使われることが多い保険でもあります。

このように貯蓄型の保険には、ローリスク・ローリターン型の保険とハイリスク・ハイリターン型の保険があります。
目的や状況を振り返ってみて、保険を決めることが重要です。

まずは保険のプロに相談してみましょう。
保険の相談にオススメなのは無料でプロのファイナンシャルプランナーによる保険相談が申し込める保険マンモスの保険相談というサービスです。

保険マンモスは保険・金融のプロであるファイナンシャルプランナーを自宅まで派遣してくれて、ライフプランにあった保険や保険の仕組みなどを無料で教えてくれます。

なぜ保険相談が無料で利用出来るのかというと、転職エージェントと同じで、ファイナンシャルプランナーはお客様が契約してくれた保険会社から報酬を貰っているという構造なので、利用者である私達は無料で相談が行えるのです。

もちろん、押し売りなども無く、利用者にあった保険を比較して説明してくれますし、欲しい保険がなければ引き下がってくれます。

訪問の保険相談サービスの中でも利用者のレビュー評価が高く、手間もお金もかからないので、とても便利なサービスです。

ぜひ保険の加入や見直し、簡単な相談などに利用してみてください。


保険相談は加入するまではお金がかかりませんので、気軽に相談して、頭のなかを整理して賢い保険選びをしましょう。