体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

サラリーマンから独立して自営業者になったら保険の見直しをしよう。個人事業主と勤め人の保険の違い

転職というのは、人生でも大きな変わり目ですが、特に終身雇用制度がほぼ崩壊している今日、転職自体は以前に比べると非常に身近になったように思います。
では、転職をしたら、生命保険は見直しをする必要があるのでしょうか。

結論から言うと、会社を変わるということは社会保険も変わるので、生命保険も見直しをしたほうが良いのです。

我々は職業によって、社会保険が異なります。
それはつまり年金保険と健康保険でサラリーマンの場合は、年金保険は厚生年金保険。
健康保険は、会社が運営している健康保険組合などに加入をしています。

一方、自営をしている人はというと、年金保険は国民年金保険で、健康保険は国民健康保険です。


年金保険のおおまかな違いは、夫が死亡した場合、会社員の妻は遺族厚生年金が、子ども(原則18歳未満)がいれば遺族厚生年金+遺族基礎年金がもらえますが、自営・自由業の夫が死亡した場合、妻は子どもがいれば遺族基礎年金がもらえますが、いなければもらえません。

病気・ケガで治療を受けたとき、医療機関に支払う医療費の自己負担割合は、どちらの健康保険でも、原則3割で変わりませんが、会社員が加入している健康保険には、療養中の生活保障である「傷病手当金」がありますが、自営・自由業の人が加入している国保にはありません。

生命保険で準備する保障は、社会保険の保障で足りない分を補えばいいと考えるのが大原則なので、会社員と自営・自由業の人では、そもそも準備している保障額は違います。ですから、転職すると社会保険の保障が変わり、それに伴って保障額を見直す必要があるというわけです。

ただし、この場合見直しをしなくてもいいのは、サラリーマンが転職してまたサラリーマンになった場合です。
それはこのパターンですと、社会保険の中身が変わらないからです。

この場合、保険の見直しを検討しないといけないのは、会社員から自営業に転職する人です。それは上記でも書きましたが、社会保険の保障が減るので、その分生命保険も補填しなければいけません。

具体的には、死亡保障の場合は、遺族厚生年金がなくなるのでその分を補填しましょう。
金額的には1,000〜2000万円ほどアップします。

保険期間は、一番下の子が独立をするまでの期間ですね。
この場合保険期間が10年になるのであれば、定期保険を追加で加入。20年くらいになるのであれば、収入保障保険に加入するのが良いです。

医療保険は、傷病手当がなくなるので、その部分を補填しましょう。
目安としては入院日額を5,000〜10,000円ですね。考え方としては、現役時代をカバーするというものですから、購入する保険商品は定期型の保障商品がおすすめです。

逆にあまりないパターンかもしれませんが、自営業からサラリーマンになった場合には、今まで社会保険の足りない部分を減らしたほうが、家系的には楽ですよね。その辺りもきちんとチェックをしておくと、効率よく保険を管理できます。

具体的な金額やプランを知るために、一度プロに相談してみるのをオススメします。
保険の相談にオススメなのは無料でプロのファイナンシャルプランナーによる保険相談が申し込める保険マンモスの保険相談というサービスです。

保険マンモスは保険・金融のプロであるファイナンシャルプランナーを自宅まで派遣してくれて、ライフプランにあった保険や保険の仕組みなどを無料で教えてくれます。
なぜ保険相談が無料で利用出来るのかというと、転職エージェントと同じで、ファイナンシャルプランナーはお客様が契約してくれた保険会社から報酬を貰っているという構造なので、利用者である私達は無料で相談が行えるのです。
もちろん、押し売りなども無く、利用者にあった保険を比較して説明してくれますし、欲しい保険がなければ引き下がってくれます。

訪問の保険相談サービスの中でも利用者のレビュー評価が高く、手間もお金もかからないので、とても便利なサービスです。
ぜひ保険の加入や見直し、簡単な相談などに利用してみてください。


保険相談は加入するまではお金がかかりませんので、自分の立場、必要な保険を知り、賢い保険選びをしましょう。