体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

健康診断と人間ドックの違いとは?健康保険適用の可否や価格、調べられる病気、項目の多さなどが違ってきます

f:id:miopika:20150530195249p:plain
 皆さん健康診断は定期的に受けていると思いますが、人間ドックは受けていますか?『健康診断で定期的に見てもらっているし必要ない』そう考えている人も多いと思います。今回は健康診断と人間ドックの違いについてお話しようと思います。



健康診断は会社員なら絶対だけど人間ドックは任意です

 健康診断も人間ドックも、身体の状態を知る意味では大きく変わりはありません。身体の状態を調べ、異常がないか見つけ、なるべく早い段階で処置をするという目的は、どちらも変わりません。

 異なることと言えば、まずは定義です。
 健康診断は国の法律で受診することが決められており、日本人はみな定期的に受診しなければなりません。

 仕事をするのも健康な身体があってこそ。
 仕事に支障が出るのは働く人も働かせる方も困りますからね。内容も大まかにざっくりとまんべんなく検査する形で、だいたい問題なければ『良し』という感じです。

 それに比べて人間ドックは法律で決まっているわけではなく、完全に任意の検査です。
 しかし、検査の内容は実に細かく、一つひとつの分野に関して徹底的に調べてもらことが出来ます。

 自分が検査してもらいたい項目をオプションという形でさまざまに組み合わせて検査することも出来、より正確で細かい検査をしてもらうことが出来ます。目視ではなかなか発見できないような小さな病気も、この検査によって早期発見でき、症状が酷くなる前に治療し治すことが出来るのです。

人間ドックの値段は高い

 ただ、やはり気になるのは検査料金です。
 料金的には大きく健康診断は法律で義務付けられていることもあり保険がききますが、人間ドックは保険がきかないため、健康診断と比べるとかなり高額に感じると思います。

 精密な解析をいくつもするわけですから、それを考えたらまだ安い方ですという医療側の言い分もあるようですが、それでも一般の私たちにはそこまで頻繁に受けようとは思えない値段です。(およそ30,000~150,000円)
 
 しかし、健康保険組合によっては年齢や一定の条件を満たせば数万円分から全額の補助が出るそうですので、人間ドックを受けようと思っている方は問い合わせてみるもの良いかもしれません。
 
 自分自身の健康は、結構皆さん疎かにしがちです。
 特に働き盛りは自分の身体のことなんか考える余裕がないくらい働き通しの毎日だと思います。

 しかし、早い段階で見つけることが出来ずに入院して辛い症状と戦いながら長い入院生活を送ることになり、長期で仕事を休むことになるのは仕事的にも金銭的にももっと痛手です。大病を患うと、社会復帰が難しいとも言われている今の世の中です。
 初期費用を安く済ませて後から病気は発覚した際に、長い入院・治療費を支払うことと、最初ある程度の料金を払ってでも徹底的に調べ、早い段階での発見を目指して治療を済ませてしまうか、選ぶのは自分自身です。是非後悔のない選択をしていただきたいと思います。

 人間ドックの予約はネット予約がとても便利です。
 人間ドック予約サイト『マーソ』は全国の施設からコースを調べ予約することが出来ます。
 口コミや体験談、プランの人気ランキングなど情報が豊富なので、人間ドックを受ける時に一読しておくと良いでしょう。

日本最大級の施設・プラン数!人間ドックの予約ならマーソ(MRSO)



 病院によって様々なプランがあるので、自分にあったコースを選びましょう。