体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

人間ドックの受診前日の準備まとめ。喫煙やお酒の飲酒は避けておこう

f:id:miopika:20150530174559j:plain
 人間ドックの検診ではさまざまな検査を行います。
 正確にスムーズに検査を進めるため、人間ドックではさまざまな注意点があります。今回は前日に気をつけるべきポイントをお話していこうと思います。


 検査を申し込む段階で前日の注意事項は書面と口頭で説明を受けていると思います。基本的にはその注意点を守れば、それ以外は問題ありません。

いつも服用している薬やサプリメント

 検査に影響が出ることが多いようです。ビタミンCなどは尿に含まれる糖が陽性になるはずのところを陰性に反応させてしまうこともあるのだとか。サプリメントは控えた方が良さそうです。病気のために毎日飲んでいる薬がある場合には、前もってその旨を医師に相談して決めてもらいましょう。

水分・アルコール類

 検査内容や病院の方針によって指定時間に差があるようですが、扱う機械の性能などによって時間が前後していることも考えられます。『前に受けた病院ではこの時間だったから、この時間くらいでいいや』と勝手に判断せず、なるべくその病院の時間を守った方が良いでしょう。

 病院での検査は繊細で正確です。『ちょっとくらい大丈夫だろう』とお酒を飲むのもNGです。少量でも検査の時にわかるようで、『アルコール飲みましたか?』と聞かれた人がちらほらいるそうです。アルコールの成分で結果に影響が出ることも考えられますから、指定時間は必ず守りましょう。

食事

 基本的に指定された時間前に食べ終われば問題ありません。特に食事内容を細かく指定しているところもないと思いますが、胃に食べ物が残っている場合は検査が出来ないこともあるので、気遣いとして消化のいいものを選ぶと良いと思います。

喫煙

 検査内容によって異なると思いますが、特に指定がない場合は控える必要はありません。心配な方は医師に確認しておきましょう。
 この時間まではOKという場合、『吸い溜めしておこう』と立て続けに吸ってしまう人もいますが、身体には良くありませんので適度な本数にしておきましょう。

運動

 検査内容、病院によっては運動を制限しているところもあるようです。特に指定がなくても、運動すれば汗をかき、のどが渇きます。食事の時間、水分を取って良い時間を考えながら運動するように心がけましょう。


 正確な検査を出すための検査ですが、中には糖尿病になりかけている検査結果を出そうと前日に大量の甘いお菓子を食べたり、結果が変わるようにと直前にいろいろ頑張る人がいますが、検査は日ごろの身体の健康を検査する場所ですから、変なことはせずに普段通りの生活を心掛けましょう。

 説明を受ける中で疑問に思ったことは積極的に医師に相談すると良いと思います。詳しい検査は不安も多いですし、『どうしよう』と思うこともあると思います。少しでもそんな不安を解消し、気持ちも身体もベストな状態で検査に臨んでいただきたいと思います。

 人間ドックの予約はネット予約がとても便利です。
 人間ドック予約サイト『マーソ』は全国の施設からコースを調べ予約することが出来ます。
 口コミや体験談、プランの人気ランキングなど情報が豊富なので、人間ドックを受ける時に一読しておくと良いでしょう。

日本最大級の施設・プラン数!人間ドックの予約ならマーソ(MRSO)



 病院によって様々なプランがあるので、自分にあったコースを選びましょう。