体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏冷え対策まとめ。冷房だけじゃなく冷たい飲み物も冷え性の原因になる

f:id:kusanagitoki:20150524224413j:plainf:id:kusanagitoki:20150524224424j:plain

夏本番になる前から暑い日が続き、早めに半袖を出したり夏のファッションを楽しんでいる人も多いでしょう。
ノースリーブや首元が大きく空いた服装など露出も増える時期ですね。

でも暑い夏の時期でも肩が妙に冷えたり重かったり、頭痛やだるさを感じたり、集中力が低下してやる気が出なかったり…そんな症状はありませんか?

それは怖い夏の冷え症かもしれません。
もともと冷え性になりやすい傾向にある女性だけではなく最近では男性の冷え性も増えていますから、働く男性陣も要注意!夏冷えは放っておくと夏が終わっても慢性冷え性や調子の悪さを引きずってしまう事もあるんです。

夏の冷え対策をして今年の夏を健康に乗り切りましょう!




どうして夏に冷え症が起きるの?原因は冷房のせいだけじゃなかった!

 暑いはずの夏、顔や皮膚は火照っていたり汗をかいていたりする季節なので冷え症とは無縁に思いがちですが、実はもともと冷え症では無かったのに夏に冷え症を発症してしまう人はとても多いんです。

夏冷えの要因として真っ先に考えられるのは冷房でしょう。冷房が効いた空間は暑い外と違って快適ですが、そこに長時間いる事で体の内部まで冷えてしまい夏冷えが起こる…と言うのは周知の事実かもしれません。

しかし最近ではクールビズの考えも広がりエアコンの温度設定も高めになっている職場も多いですね。それでも起こってしまう夏の冷え症には冷房以外の以下の様な要因が関係しています。

・冷たい飲み物や食べ物
・不規則な生活や食事による自律神経の乱れ
・ストレス
・薄着ファッション
・女性ホルモンの乱れ・筋力低下

夏は特に食欲不振や寝不足を感じる人も多い季節です。その一方でビアガーデンは賑わい、お祭りやバーベキュー等の飲み会やイベントも多くなります。夜は飲み会で遅くなり、朝は食べずに出勤。昼はあっさりした物しか入らず素麺やそばだけで済ませてしまい、夜はビールにおつまみ…そんな生活、していませんか?

f:id:kusanagitoki:20150524225059j:plain
確かに美味しい季節ですが…

生活リズムの乱れで体のバランスが崩れているのに、栄養素は少なく炭水化物中心の素麺などの麺類ばかり食べ、氷のたくさん入った飲み物をごくごく飲んでいては体は冷える一方です。体が冷えると老廃物が溜まるだけで排出されず、血流も悪くなって「冷え・痺れ」と言ういわゆる冷え症が起こりやすくなります。
また、夏の冷え症はそれだけではなく頭痛や腹痛、肩こりや腰の痛み、だるさや集中力の低下を引き起こします。体を中から冷やす飲み物や食べ物で内臓まで冷えてしまうと夏バテに繋がると言う怖い悪循環を引き起こしてしまうのです。

夏冷えにWアタック!外と中から冷えを解消しよう

①食習慣編

 夏は特に冷たくあっさりさっぱりした食事になりがちですが、冷え症対策には体を温める食品を取る事と体を冷やす食材は加熱したり他の食材と組みあせて食べる事が大切です。

例えば夏に美味しいキュウリやトマト、ナス、スイカや梨、パイナップルやマンゴー等の暑い地方の果物、コーラやビール、白米、パンや素麺等の小麦粉製品は体を冷やしてしまう食べ物です。素麺や冷やし中華にトマトとキュウリ、ハムをトッピングしてバランスの取れた食事にしています!なんて声も良く聞きますが、実はこれ全部体を冷やしてしまう食材なんですよ。

 逆に体を温めてくれる食材は、南瓜やごぼう、ニンニクや生姜、シソやニラ、果物ならオレンジや桃、ナッツ類にチーズや魚、レバーやラム肉、ワカメやヒジキ、蕎麦や雑穀類、実は日本酒や赤ワインも体を温める種類の食品です。

例えば素麺よりは蕎麦にしてそこに生姜等の薬味をたっぷり、サラダではなく温野菜、トマトなどを食べたい時はできるだけ加熱してオリーブオイルにチーズをプラスした焼きトマト等にしてみるのはいかがでしょうか?

また、ナッツ類も体を温めてくれるので体を冷やすビールを飲む時はおつまみにナッツやレバー串をチョイスしてみると良いかもしれませんね。

f:id:kusanagitoki:20150524225314j:plain食材と食べ方を工夫しましょう

②部分温めと全身温め

 特に冷房で冷えてしまいがちな肩や腰、足首等は集中的に温めるのがオススメです。レッグウォーマー等を活用したり冷えを感じたら腰にカイロを貼ってすぐに対策しましょう。また、オフィスワークは長時間同じ姿勢でいる事が多くもともと血行不良に陥りやすい環境です。こまめに肩を動かしたり回したり、首をゆっくり上下左右に動かしたりするだけでも血流改善につながります。足首を回したり足指をグーパーしたりするのも効果あり、脚のむくみ改善にもなるのでオススメですよ。

 全身を温める入浴も重要です。夏場は特にシャワーで済ませがちですがゆっくりと湯船に浸かる事でオフィスで冷えた体をリセットし、更に就寝に向けて体をリラックスさせる効果も期待できます。入浴の後はストレッチをするとより体のバランスを整えられます。体を十分に休ませる事ができれば翌朝もすっきりと目覚められますし、朝食を摂って体を中から目覚めさせる事ができるでしょう。

 食事と体を温める習慣を付ける事は自然と規則正しい生活に繋がり、夏冷えのリスクを低めてくれます。エアコンの温度や夏の外気などは自分で調整できなくても、できる対策をしっかりして夏の冷え症とそこから来る不調を予防しましょう!