体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

お腹が出るのは肥満でなく病気の可能性も!クッシング症候群の初期症状は『お腹が太る』

f:id:miopika:20150523163054j:plain
 ちょっと最近手足は変わらないのにお腹が出てきたな…ビールの飲みすぎかな?
 そう感じる人は多いと思いますが、ただのビールの飲みすぎだと決めつけるのは危険です。もしかしたらそれは、大変な病かもしれません。
 今回はクッシング 症候群という病気についてお話ししたいと思います。



 手足は変わらず、むしろ細くなっているのにお腹はどんどん太り、顔は浮腫んでしまう。これがクッシング 症候群の症状ですが、これは脳に大変な病があるからなのです。

 脳の下の方にある下垂体という部分に腫瘍ができ、身体への指令が過剰になってしまうためにクッシング 症候群は起こってしまうのです。身体の変化が脳に出来た腫瘍のせいだなんて、皆さん意外だと思います。『ただ太っただけ』という油断は、取り返しのつかないことにもなりかねないのです。
 脳には身体の色々な部分に指示を出す重要な機能を持つ部分がたくさんあります。そこに腫瘍が出来てしまうことは大変なことなのです。

 太ってしまう症状の他には、皮膚が弱り、ちょっとしたことで痣が出来やすくなったり、骨粗しょう症にもなったりもします。女性の場合は月経が不規則になったり髭が生えたりしてきてしまいます。高血圧や糖尿病も併発してしまったりと、身体にどんどん症状が出てきてしまいます。

 腫瘍がある部分が脳の下なので重症になりやすく、早く気付いただけ良いです。この手術は頭を切開するわけではなく、鼻から内視鏡を入れ、鼻の奥の骨などを取り除いて手術しているようです。細かな作業ですが、脳の重要な部分に出来た収容を取るのですから大手術です。

 手術、薬、放射線と方法はいくつかありますが、手術だけで完全に取り除くのも難しく、薬だけで何となるわけでもありません。医師の判断でこの方法を組み合わせて治療しています。ですからそういう意味でも早期発見が望ましいのです。

 この病の存在を知らないと、なかなかお腹が出てきただけで病気だとは思えないと思いますが、この腫瘍を取り除かなくてはいけないので、『お腹のみ太る・糖尿病・高血圧』この3点に気づいた方は、早めに病院へ行きましょう。代謝や内分泌系専門の病院が一番適切に検査・診断してくれるそうです。

 これまでいくつか難病についてお話してきましたが、どれもみないかに早期発見できるかが重要な気がします。そして厄介なことに、そのような難しい病気であればあるほど、病気に気づきにくいものだと感じます。

 今は医療もかなり進歩し、これまで原因不明とされていた病が解明されたり、不治の病とされてきた病が治療可能になったりと、大きく変わってきています。医療も社会がどんどん進歩していく中で、もしかしたらまだまだ未知の病は出てくるかもしれませんが、今私たちの知らない所で研究は日々続けられています。もし難病にかかってしまっても、諦めずに立ち向かってほしいと思います。

関連リンク:管理人のオススメ健康法について

 健康な身体、疲れにくい身体を手に入れるための健康法として、1日1杯の青汁がオススメです。

 実際に管理人である私が行っている青汁健康法の効果と、飲みやすいオススメの青汁について下記の記事にて紹介しています。

健康な身体を手に入れるなら1日1杯の青汁がオススメ!青汁健康法のメリットとは

 健康に関心のある方、私のように疲れやすい・胃腸が弱い・仕事が激務でストレスフルな生活をしている方は、ぜひ一度、青汁による健康法を検討してみることをオススメします。