体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

バナナダイエットを成功させる方法。押さえておくべきバナナダイエットのウソとホント

f:id:kusanagitoki:20150522231016j:plain
 テレビ番組で取り上げられて以来、シンプルで分かりやすいダイエット法で人気になったバナナダイエット。
一時期スーパーからバナナが消えてしまうほどの人気で、紹介されてしばらく経った今でも実践している人は多いのではないでしょうか。



 実際にバナナダイエットを成功させた人の口コミは多く、芸能人の中でも成功者が出ている事から人気が高いダイエット法の1つです。ただし効果が出なかったと言う事例も多く口コミでも賛否両論、やり方もまちまちなのも事実ですね。個人差だけでは片づけられないバナナダイエットの効果とウソとホントを紹介します。

基本的なバナナダイエットとは?

 まずバナナダイエットの方法を改めておさらいしておきましょう。
バナナダイエットのやり方は極めてシンプルで、大きく朝バナナダイエットと夜バナナダイエットの2種類に分かれます。特に朝バナナダイエットの方が有名で効果的と言われていますが、基本的には朝夕のどちらかの食事にバナナを1~2本食べ水を飲んで終了すると言う方法でそれ以外の食事は通常通りに食べて良いと言うものです。

f:id:kusanagitoki:20150522231101j:plain基本はこれだけ

バナナを食べる=痩せる?

A:これはウソ
 まずバナナを食べると痩せる(体重が減少する)と言うのはウソと言って良いでしょう。バナナは確かに栄養豊富で健康的な食品ですが、あくまで食品なので食べただけで体重が減る訳ではありません。ちなみにバナナは100gあたり86kcalで1本の賞味量はおおよそ100~120gほどです。
ではバナナダイエットで体重を落とした、つまり成功したと言う人はどんな人達でしょうか。それは例えばこんな人かもしれません。

・それまでの朝食が菓子パンや食パンなどのバナナより高カロリー・高脂質・糖質の食事だった人
・朝食を抜いていて昼や夜にドカ食い、または間食をしていた人
・便秘気味だった人でバナナダイエットを始めて快腸になった人
・塩分過多気味でむくみがちだった人

これらに該当する人たちはバナナダイエットをする事で食生活が整えられたり、バナナの整腸作用によって便秘が改善したり、豊富に含まれるカリウムにより体内の塩分が排出されむくみが解消された等の理由で結果的に痩せたと考えられます。
また夜バナナダイエットの場合も、もともと夕食に摂取していたカロリーをバナナ1~2本分のカロリーに変えているので結果として1日の摂取カロリーが減って体重が減少したのでしょう。

 つまり、バナナダイエットとは「置き換えダイエット」なのです!

これを勘違いしてしまうと失敗例になりかねないので注意しましょう。例えば…

朝バナナダイエットをすれば他は何を食べても大丈夫

A:ウソ
食事制限をしなくていいとは言ってもあくまで1食分のカロリーを「置き換えた」だけ。特に今まで朝ごはんをがっつり食べていた人の場合、空腹感から他の食事を多くしてしまってはあまり効果が期待できません。バナナは腹持ちが良い食物なのでドカ食いしてしまう危険性は低いですが、バランスの取れた食事が基本になります。

普段の食事の前にバナナを追加しても良い

A:これはウソともホントとも言える
基本的には置き換えダイエットなので追加しただけでは摂取カロリーが増えるだけです。ただし、例えばちょこちょこ食べができる人で一定の時間をおいて全体的に食べる量を減らすなら効果が出るかもしれません。

バナナは何本食べても良い

A:これはウソ
先に書きましたがバナナのカロリーは100gあたり86kcalで1本の賞味量はおおよそ100~120gほどですから2本食べれば172~200Kcalになります。さらにバナナのGI値は55、おかゆや玄米、ライ麦パンとほぼ同じでイチゴやグレープフルーツと比べると比較的GI値が高いフルーツです。
ただし低インシュリンダイエットで推奨されているのはGI値60以下の食品ですからセーフではありますし、同じカロリーでも脂質や糖分が主で栄養素の低い菓子パンなどを食べるよりはよほど健康的ですね。ただし食べ過ぎは禁物、適量を守りましょう。更にバナナは体を冷やす作用があるので生で食べ過ぎてしまうと体内温度が冷えてしまいます。

バナナダイエットを成功させるには?

f:id:kusanagitoki:20150522231518j:plain

 ここまでで分かったウソホントを見ても分かる通り、バナナダイエットは「置き換えダイエット」です。ただなぜこんなに話題になり、成功例が多いのかと言うと置き換える食材が食べ応えがあり甘くて美味しい上にフルーツの中では安価な「バナナ」だったからでしょう。
例えばこちらも一時期流行ったグレープフルーツダイエット、朝にグレープフルーツだけと言うのとバナナ1~2本だとどちらが満腹感がありますか?・・・バナナだと思います。
つまりバナナダイエットは継続しやすい置き換えダイエットなのです。

ダイエットは辛い、だから続かない。ではなく時間を掛けて無理なく継続する事こそがバナナダイエットの最大のメリットと言えるでしょう。なので例えば毎日バナナでなくても大丈夫なんです。
スムージーや他の果物、酵素ドリンク、豆乳やアーモンドミルクなども「置き換えダイエット」だと言う事を覚えておけば飽きる事もありませんしバナナを食べ続けなくてはいけないと言うストレスもなくなりますね!