体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

「チアシード」の優秀な栄養素と健康効果がすごい!食物繊維グルコマンナンが豊富

f:id:kusanagitoki:20150522224922j:plain
健康大国アメリカのセレブ達の間で話題となり、日本でも道端アンジェリカさんやローラさんが愛用している事で大ブレイク中の「チアシード」
名前を聞いた事がある人も多いでしょう。でもイマイチ正体が掴めないあのつぶつぶ、小さな粒に詰まった栄養素と健康効果を紹介します!


チアシードってそもそも何?

 チアシード(Chia Seed)はその名の通りチアと言う果実のSeed、種です。チアは主にメキシコ等の中南米で栽培されているシソ科サルビア属ミントの一種で、実は南米では非常にポピュラーな食材です。

f:id:kusanagitoki:20150522225040j:plain
これがチア。

このチア(Chia)はメキシコで「力」を表す言葉で、なんと「小さじ一杯の種(チアシードの事ですね)と瓢箪一杯の水で24時間走り続けられる」と言う伝説があるほどの栄養があり、ミラクルシードや力の種と言う別名もあるほどです。
白い種子のホワイトチアシードと黒い種子のブラックチアシードがあり、乾燥している時の見た目はどちらもゴマに似ています。水に浸すと約10倍にも膨らむのですが、チアシード自体が膨らむと言うよりは種の周りにゲル状の膜ができて膨潤すると言った方が良いかも知れません。最近では店頭でも目にする「バジルシードドリンク」を連想すると分かりやすいですね。あまり言い方は良くありませんが・・・カエルの卵状態です。

チアシードの栄養は?

 水に浸すと膨潤すると言いましたがこの時に種の周りを覆うこの膜は「グルコマンナン」と言う食物繊維で、主にコンニャクに含まれています。この食物繊維は被との消化酵素で消化できない水溶性食物繊維で、チアシードを見ても分かる通り水を含んで膨張するため便秘解消や血糖値・血中コレステロールの低下にも効果があると言われています。

f:id:kusanagitoki:20150522225153j:plain
水を含むとこんな感じになります。

また、チアシードはたんぱく質、カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛などのミネラル類、ビタミンB群、リノレン酸、リノール酸等を含有している事が大きな特徴で、この豊富な栄養素がスーパーシードと呼ばれ健康食品として注目されている要因でしょう。特に人が体内で合成できない必須アミノ酸9種類の内8種類を含有し、同じく体内で合成不可能な必須脂肪酸のリノレン酸、リノール酸をチアシードから摂取できるのが大きな魅力です。
 水を含むと約10倍に膨らんで満腹感を与えてくれる事から間食を防いでダイエットに効果的であると言う側面が注目されがちですが、それだけではなく実に豊富な栄養素を含んでいるスーパー食材と言えるでしょう。

カロリーが高い?

 必須脂肪酸のリノール酸、リノレン酸を含むと先程書きましたが、「ん?脂肪!?」と反応された方もいるかもしれません。そんなチアシードのカロリーですが100gあたり516Kcalです。これだけみると高カロリーに見えますがチアシードの1日の摂取量は10~15g程度ですから、適量を食べる分には高カロリーではありません。
また、チアシードのカロリーと言うのはほとんどが先程書いた食物繊維のグルコマンナンです。食物繊維は炭水化物の1種ですから数値にするとカロリーが高くなってしまいますが、同じ炭水化物の分類の中でもぶどう糖やしょ糖、でんぷんとは異なるのでいわゆる太る原因となる炭水化物では無い訳です。豊富に含まれるリノレン酸は簡単に言うと良質な油で、太る要因にはならずむしろ脂肪の燃焼を促進し脳や視神経の維持に重要な働きをしてくれる油です。リノール酸は血清コレステロールや血圧低下に働きかける作用が有り、どちらの脂肪酸も健康維持に欠かせない物なので安心して下さい。
ただし、あくまで1日の摂取量は守ってくださいね!

オススメ!チアシードの食べ方

 チアシードを食べる時のポイントとして、水に浸しておく事が第一に挙げられます。ゴマに似た感覚でそのまま食べる事も出来るのですが、それだと胃の中の水分を奪ってしまうだけではなくせっかくのグルコマンナンの効果が薄れてしまうのです。30分~1時間でも良いのですが、2時間以上浸しておくと更にゼリー化が進むので夜のうちに次の日のチアシードを浸しておけば簡単ですね。


チアシードスムージー
ミランダ・カーさんやローラさんが愛飲している事で有名なこの摂取方法は最も一般的かもしれません。スムージーにチアシードを入れて飲むだけなので手軽ですし朝食にもピッタリです。

チアシードヨーグルト
こちらもヨーグルトにチアシードを混ぜ合わせて冷蔵庫に入れておくだけの簡単レシピです。プチプチとした食感が美味しいですよ。

f:id:kusanagitoki:20150522225542j:plain
チアシード×タレ
お好みのドレッシングやポン酢、醤油、中華タレ等にチアシードを入れて万能調味料に。お豆腐やサラダに掛けて食前に食べておけばその後の食欲が抑えられます。

チアシードの白和え
ゼリーやプリンなどのデザートレシピは多いと思うので和食レシピもどうでしょう。絹ごし豆腐にチアシードを加え泡だて器で解し、そこに白味噌等で味を付けたら冷蔵庫へ。2~③時間おいてから他の材料と合わせます。豆腐の水分を吸収してくれるので水切りをする必要もなく一石二鳥!

美容に効果的なチアシード入りのサプリがオススメ!

栄養満点のチアシードですが、現在、チアシード入のサプリが人気です。

それは【スーパーフードプライマリースリム】というサプリです。



スーパーフードは、低カロリーながら栄養満点の食材を配合したサプリで、もちろんチアシードもしっかり入っています。
健康的に無理なく体型をスリムにする効果があり、ダイエットに最適です。

ぜひサプリを上手に利用して、チアシードの栄養をしっかりとりましょう。

いかがでしたか?
栄養満点のスーパーシード「チアシード」早速ライフスタイルに取り入れて健康と美容を目指してみてはいかがでしょう。

関連リンク:青汁の美容効果が凄い

美容やダイエットには、何よりもバランスの良い栄養、日々のミネラル摂取が重要です。
そのため、大前提として食生活を見直すことが必要です。

しかし、忙しい日々の中で野菜や果物を毎日摂取するのは難しいものです。
そこでオススメなのが、1日1杯の青汁を飲んでビタミン・ミネラルを補充する方法です。

詳しいやり方や効果は下記の記事にまとめています。

kenkouizi.com

無理なく内側から綺麗になるためにも、飲みやすい青汁を選んで1日1杯飲み、ビタミン・ミネラルを補填しましょう。