体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

口が異様に渇く時は病気を疑おう。シェーグレン症候群の可能性あり

f:id:miopika:20150522202950j:plain
 目が乾燥しやすい、極度のドライアイ、そんな人は最近かなり増えています。
 私もかなりのドライアイです。コンタクトも辛くて付けられなくなりました。

 過度に働く日本人は多いため、目を酷使する人も多いはずです。しかし、ただの疲れ目ではないこともあります。今回はシェーグレン症候群についてお話ししたいと思います。


 私たちの身体の70%は水でできています。暑さなどで水分が奪われれば喉が渇き、水を飲みます。疲れれば目が充血し、ゴロゴロと痛くなることもあります。これらは身体の自然な感覚なのですが、それが異常なまでに身体に現れる病気があります。それがシェーグレン症候群です。

 この病気は、常に身体が水に飢えた感覚を引き起こします。目の乾燥はもちろんのこと、毎朝酷い量の目やにが出たり、少し我慢しただけで異常なまでに喉が渇いたり、眼がゴロゴロし続けたり。この状態を病院で伝えても、だいたいドライアイで片づけられてしまうことが多く、しかもそれで処方されたもので良くなるわけもなく、患者さんにとってはかなり辛いと思います。

 これは自分の中の免疫の疾患が原因だと考えられています。本来は自分の身体を守るために敵をやっつけるものが、免疫異常によって自分を攻撃してしまうのです。これでどんどん身体に悪い物質が増え、それによって唾液や涙腺組織が壊され、乾燥症状が出てしまうのです。この病気の場合は水を飲んだり、目薬を頻繁にさしたりということではどうにもなりません。

 胃酸もやがて出にくくなってしまいます。これによって消化不良なドンを起こし、胃もたれや胃自体を痛めることにもなり、次々と症状が出てきてしまいます。人によって症状が出る場所、程度に差があるようで、実際に発症してみないとわからないことが患者さんを更に苦しめます。関係がないようですが、大腿骨が壊死したり、骨粗しょう症になる人もいるのだとか。こんなくじ引きで症状を決められているようなことは辛い以外の何物でもありません。

 このようにさまざまなところに症状が出てしまうため、病院も総合病院のようにいくつも科があるところの方が良さそうです。それぞれの専門家にそれぞれの症状をきちんと見てもらうことで、変な見落としはだいぶ軽減されます。

 ドライアイや口の異様な渇き、関節痛、この3つが症状に出ていると思ったら、速やかにリウマチ専門の医師に相談しましょう。その他血液検査、眼科検査、歯科口腔外科検査などが必要になるので、それらがなるべくある病院を選びましょう。

 この症状は、本当に辛いと思います、いくら飲んでも潤わず、いくら目薬をさしても潤わない。だからといって投げ出さず、うがいなどで口を清潔に保つようにし、直接風が当たらないようマスクやメガネをするなどの工夫をしてみましょう。室内の加湿も効果的です。

 また、シェーグレン症候群の場合、免疫の低下が原因なのか、さまざまな薬に対してアレルギーを起こしやすいそうです。むやみな服用もやめましょう。きちんと医師の指示通りにしていれば、軽減される病気です。辛いと思いますが、焦らず治療していただきたいと思います。