体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

暑い時こそ脂肪が増える夏太りの仕組みとは?そうめんばかり食べてビタミン不足になると起こります

f:id:miopika:20150521152057j:plain
「夏場は汗をたくさんかき、暑さから食欲も落ちるのでダイエットになるわ!」

 そう思っている人は多いと思います。確かに天気も良く、運動にも最適な季節です。
 しかし、食欲がないからあまり食べていないはずなのに、なぜか太るという不可解な夏太りが存在していることを皆さんはご存知でしょうか。

 今回はこの謎に満ちた夏太りについてお話していこうと思います。


 夏場は天気が良く気持ちよさを感じると同時に、ジリジリと暑苦しさも感じます。暑ければ汗をたくさんかきます。これによって『痩せている感覚』になりますが、実はこの汗は、ほとんど身体のエネルギーは使っていないそうなのです。
 この汗をかく行為は身体が体温を一定に保とうとすることで自然に行われているのであって、運動のようにエネルギーを使っているわけではないのだとか。

 さらに、エネルギーは使わなくても、汗と一緒にビタミンなどの栄養素はどんどん外に出て行ってしまっています。
 このビタミンは脂肪を燃焼する大切な要素。
 食欲が落ちることでほとんど食べなかったり、そうめんだけなどの偏った食事を続けていると、ビタミンは摂ることなく、脂肪も分解されないまま吸収されることになってしまうのです。

 そうめんもシンプルで太らなさそうな食材に思いがちですが、これはアイスと同じように糖分からできています。
 糖分は分解の過程で脂肪に変わります。脂肪に変わっても、それを分解してくれる栄養素がない。こうなることでどんどん身体に溜まってしまうのです。

 これに加え、真夏の夜は寝苦しくてなかなか眠れないという人もいると思います。
 この睡眠不足が太らせている原因を作り出しています。
 寝不足は翌日の仕事に支障が出るだけではありません。
 人は眠っている間にも身体自身は働き続けており、この時に脂肪を燃焼するホルモンが分泌されています。
 平均でだいたい300カロリーほどエネルギーを使っているそうです。

 しかし、睡眠時間が短くなることでホルモンの分泌は少なくなってしまい、きちんと体内の脂肪を分解してくれなくなります。
 日中も汗はかくけれどエネルギーを使うこともなく、脂肪を分解する機会がどんどんなくなり、結果として身体に脂肪がついていってしまうということでした。

 こう考えてみると、夏はただ汗をダラダラかくだけで良いことがなさそうだなと感じますが、この夏太りは十分に予防することは可能です。

 時間に余裕のある人は、一駅分歩いてみたり、ウォーキングするなどの時間を作ることをお勧めします。運動によって脂肪が燃焼されるだけではなく、運動によって夜の寝つきが良くなる効果があるためです。少しでもぐっすり眠ることができれば、ホルモンもきちんと分泌してくれます。

 豚肉やレバーなど、ビタミンを多く含んでいるものを積極的に食べることも大切です。一品だけではなく、少しずつ色々なものを食べることで、栄養の偏りも軽減されます。

 一度染みついた習慣はなかなか変えることはできないものですが、身体のためにもぜひ少しずつ工夫していっていただきたいと思います。