体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

オフィスのクーラーが寒い時はタオルケットなどで対策を。会社の冷房の効きすぎは血行を悪くして冷え性の原因になる

f:id:miopika:20150521091704j:plain
 エアコンがガンガン効いたオフィスなどは、つけっぱなしでいることが多く、寒いと感じる人も多いと思います。
 それによって夏場でも冷え性で悩まされることは、最近とても多くなっています。

 今回はそのような環境の中での対策や、家でもできる改善方法についてお話していきたいと思います。


 夏場は丈が短い服装で、薄着になることが多いと思います。靴もサンダルやミュールなど、女性は特に素足に近い状態で過ごすことがほとんどなのではないでしょうか。そのような身なりで、エアコンがガンガン効いた部屋で長時間滞在しては、当然身体は寒さで冷え切ってしまいます。

 ちょっと寒いという程度でも、それが続けは身体の芯まで冷えてしまい、身体の血行が悪くなり、酷くなると慢性的な冷え性で悩まされることにもなりかねません。だからといって、会社など多くの人が一つの環境にいる中でエアコンを弱めたり、切ったりするのには抵抗があると思います。では、どういったことで対策をとっていけばいいでしょうか。

 オフィスなどでは特に、デスクワークがメインなので多く動くことが少なく、身体はダイレクトに環境の温度変化に敏感に反応してしまいます。まずは肌が露出している部分を守る工夫が必要です。
 短めのスカート丈、ミュールやサンダルはなるべく控えた方がいいですが、やはりおしゃれはしたいものだと思います。その場合はブランケットなどで覆い、直接冷気が触れないようにしてあげましょう。

 身体の中で温度を一番感じ取りやすいのは首やお腹、足首です。エアコンが効いている環境でこの部分を覆うことで、だいぶ寒さを感じる度合いは和らぎます。今はアイマスクならぬ、首マスクのようなものも販売されています。レンジで温めて、それを首まわりに置くタイプのものもあります。これなら肌寒いオフィスも快適に過ごせそうですね。

 人の身体でまず冷えを感じるのは足元からだと言われています。

 ただでさえ身体の下の方は血行が悪くなりやすく、むくみなども起こります。そこにさらに冷気が長時間当たってしまったら、当然血行もむくみも酷くなってしまいます。
 足首を回したり、マッサージしたり、軽くストレッチすることで身体は『寒さから守るために、こんなに縮んでいなくていいんだ!』と、血流の流れを良くしてくれ、これによりむくみもかなり和らぎます。

 夏場は特に、暑いし面倒だからとシャワーで済ませてしまう人が多いですが、少々ぬるめでも良いのでお湯につかるようにすると、身体の芯まで温まり、血の巡りが良くなります。

 会社や仕事となると、簡単に設定を変えにくいですし寒さなどから完全に守ることは難しいものです。
 しかし、ちょっとでも良いので定期的に血流を整えてあげることで、身体は『血流を良くする』という機能を忘れないようになります。身体の機能を身体に覚えていてもらうということが大事なのです。暑いからと言って身体も暑さを感じているとは限りません。

 夏の冷え性から是非身体を守っていただきたいと思います。