体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

暑い日こそ気をつけたい冷え性。冷房が原因で血流の流れが悪くなる

f:id:miopika:20150520202643j:plain
 とても寒がりの人や、冷え性の人は最近とても多くなってきています。
 機械の発達により暖房技術が上がったことで、より快適に過ごせるようになりましたが、寒さに対する耐性が弱くなっていることが考えられます。冷え性は女性に多いと言われていますが、このところ男性も冷え性の人が激増しているそうです。

 これは主に冬場に現れる症状と思っている方がほとんどだと思いますが、夏にも冷え性になると、皆さんはご存知でしたか?今回は夏に引き起こされる冷え性についてお話していこうと思います。



暑いのに冷え性になるメカニズム

 こんな暑い時期に冷え性なんて…と思う方がほとんどだと思いますが、やたら手足が冷え、頭痛や鼻水、のどの痛みなどから『風邪かな?』と思っていることが、実は冷え性が原因だったということもあるのです。このほかにも人によって腰が痛くなったり生理不順になったり、食欲不振などを引き起こしたりします。

 ではなぜこの暑い時期に冷え性になるのかと言いますと、引き金になるものはエアコンによる冷房です。自宅やオフィスにいる時間が長い方は、大体皆さん冷房をつけた快適な空間で過ごしていると思います。しかし、必ずしも皆さんにとってちょうどいい室温なわけではないと思います。人によってはちょうど良いと感じ、ある人にとってはちょっと寒いなと感じることもあります。

 この『ちょっと寒いな』という時間が続くことで、冷え性の道をたどることになってしまうのです。しかし、この夏の季節に『自分は冷え性かも』と思う人はそうそういません。それで気づかないまま、ガンガンエアコンの効いた部屋で過ごし続け、体調を良くするどころが悪くなる一方ということもあるのです。

 私たちが『暑い』『寒い』と多少感じることも、身体にとっては大きなエネルギーを使っています。起きている間も寝ている間も、身体はせっせと環境に適した身体を保てるよう働き続けています。エアコンの寒さによって、身体は必要以上に熱を逃がさないよう、血管を縮めるなどして対応します。寒さが続くことで血管もずっと縮ませておくことになり、結果として血流が悪くなって冷え性になってしまいます。又、流れている血液そのものの温度も低くなってしまい、その低い温度で体中を流れるために、身体そのものの体温も下げてしまうことになるのです。

 この寒さへの対応が当たり前だと身体が感じてしまうことで、なかなか対応を上げる体勢をとらなくなります。そうすると、慢性的な冷え性に悩まされることに繋がるのです。

 一見便利なエアコン。しかし、使いすぎ、頼りすぎ、冷やしすぎれば身体にとっては不便極まりないものになってしまいます。オフィスなどは特に、常につけっぱなしの環境であることが多いと思いますが、そんな時には腹巻を着用したり、ブランケットを持参するなどして身体が自分の身体を温める機能を忘れないようにしてあげましょう。
 入浴の際もシャワーだけで済まさずに、半身浴などでも良いので足元やお腹を温めてあげるのも効果的だと思います。

しょうがのサプリが冷え性に効果バツグン

 冷え性対策にはしょうがの成分が効果的です。
 しかし、しょうがは胃に刺激が強いため、多くは摂取出来ません。

 そこで、やずやの「やずやの香醋しょうが」は冷え性対策にオススメのサプリです。

冷え性に効く成分ジンゲロールだけでなく、アミノ酸がたっぷりはいっており、毎日の活力がぐんとアップします。
ぜひ試してみてください。



 いかがでしたでしょうか?
 冷え性の原因には様々ありますが、対策をしっかりしておけば改善出来ます。

 自分の身体にとってよさそうだと思うことを、是非探してみてください。