体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

天気が悪い日に体調を崩す事が多い理由は気圧の変化にあり。湿度と健康の関係性とは?

f:id:miopika:20150520193849j:plain
 もうすぐ梅雨の季節がやってきます。曇り空でどんよりした天気は、気持ちもどんよりさせますね。
 皆さんは梅雨の時期特有の病気があることをご存知でしょうか?
 私は最近初めて知りました。

 今回はこの梅雨の時期特有の『湿邪』についてお話していきたいと思います。


 珍しささえ感じる湿邪ですが、これは気づかないうちにかかっている人が毎年多くいると言われています。
 では、どのような症状が出てくるかと言いますと、個人差はありますが主に消化器系統に影響が出やすく、下痢や便秘、消化不良などが起こるそうです。酷い時には膀胱炎が引き起こされ、排尿にまで影響が及ぶのだとか。他には多湿によって傷口が乾燥しにくくなり、皮膚病の悪化や傷口が膿んでしまったりなどの問題も起こります。

 これは多湿の環境にいることで引き起こされるようです。長時間雨に打たれ、乾かさないままだったり、水中での作業などでも湿邪にかかりやすい要因とされています。まさに、日本は高温多湿になりやすく、湿邪を引き起こす環境としては、まさに最適。日本特有の病と言ってもいいかもしれません。

 問題は湿度の高さだけではありません。
 天気が悪い日などは『頭が痛い』と言っている人が多いと思いますが、これは低気圧が引き起こしているものです。

 急激な気圧の変化も、身体にとっては大事態。私たちが気づかない間にも、身体は必死に気圧の変化に適応しようと働き続けています。急激に気圧が変わることで、身体も急いで態勢を整えなければなりません。それが手に負えずに、体の不調となって症状が出てくるのです。低気圧によって、身体の副交感神経という部分が活発になり、不調な部分を治そうとしてくれます。この『治そう』とする過程で痛みを伴うケースが多いのだそうです。

 私たちが知らない所で身体は、他にもいろいろと変化しています。湿度が高いことで汗を出す部分が覆われてしまい、体内にどんどん水分が溜まってしまいます。身体もだるく、重く感じ、関節などに痛みを感じることもあるそうです。この水分に対する対処が十分に行われなくなり、不調を感じることを湿邪というのです。

 では、どのような対策が必要かというと、体内に余分な水分を溜めないことだと思います。
 甘いものや脂の多くのった食べ物は、水分を摂り込みやすいため、過剰摂取は控えた方がよさそうです。冷たすぎる飲み物も、胃腸を疲れさせ、身体も冷やしてしまい、代謝を悪くしてしまうため、ほどほどにした方がいいでしょう。

 代謝を促すものとしてしょうがやニンニク、ネギなどが効果的と言われています。是非料理に取り入れてみてください。
 
 また、野菜に含まれるビタミン群をしっかりとることで天候による体調不良に負けない身体を作ることが出来ます。
 現在は野菜に含まれる栄養素を凝縮したサプリが小林製薬から販売されており、毎日の生活にサプリを加えることで健康改善が期待出来ます。

 詳しい成分や効能、購入方法は下記、小林製薬の公式ページを参考にしてください。

小林製薬の『野菜と酵素』




 いかがでしたでしょうか?
 なんだか最近だるいなと感じている方は、もしかしたらただの疲れや寝不足ではないかもしれません。
 私たちの知らない間に、知らない所で身体が悲鳴を上げていることもあるものです。この機会に一度、もしかして湿邪ではないかな?とあてはめてみてください。

 じめじめした雨の日でも万全の体調を維持できるよう、心からお祈りいたします。