体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

暑い日は急性糖尿病(ペットボトル症候群)と心筋梗塞に要注意!猛暑日にジュースを飲みすぎると危険な理由

f:id:miopika:20150520163726j:plain
 ここ数年は、梅雨に入る前に何日も猛暑とも言えるような暑い日が続くようになりました。この暑い季節につきものなのが熱中症。
 しかし、これ以上に危険で、リスクが上がってしまう病気があることをご存知でしょうか。

 今回は高血圧についてお話していこうと思います。


 私も最近知ったのですが、過去の症例を調べた結果、脳梗塞や心筋梗塞で倒れる人は夏の暑い時期が多いそうなのです。これらは季節関係なく、身体の状態によるものだと思っておりましたが、実はこの暑さがポイントになることが多いのだそうです。

 暑ければ、私たちは汗をかきます。暑ければ暑いほど、その量もどんどん増えていきます。これによって体内の水分量が減り、血液の中の水分まで奪われてしまうことで血がどろどろになり、血流が悪くなってしまいます。これで血管が詰まってしまって脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされるというのです。

 また、私たちは暑さから逃れようと、低めの温度に設定してエアコンをつけますね。確かに一気に涼しくなれば気持ちがいいですし、解放された気分にもなります。しかし、暑い外から急にエアコンで効きすぎた部屋に入ることで、身体はびっくりしてしまいます。暑さで広がった血管が寒さで急に縮むことで、血の巡りも一気に止まります。水分不足でただでさえどろどろになっている状態なのに、更に血管まで縮んでしまっては当然血管が詰まりを起こしても不思議ではありません。

 そしてもう一つは急性糖尿病です。
 『え?』と思う方もいるかもしれませんが、これは誰でも起こりうる、気にしておくべき病気です。

 暑い日は水分と一緒に身体に必要な栄養素も減ってしまうため、スポーツドリンクなどはかなり便利だと思います。しかし、身体に必要だからと言って、あまりにガブガブと一気飲みをしたり、一日何リットルも飲んでは必要異常な摂取になってしまいます。これによって急性糖尿病が起こってしまうようなのです。これを別名『ペットボトル症候群』と言うそうです。

 先ほどお話ししたように、毎日のようにスポーツドリンクやジュースを飲んでいたり、トイレがやたら近くなったり、急に体重が減少したなどという人はこの病気を疑ってもいいかもしれません。身体に必要なものも、過剰に摂取すれば身体にとっての大敵に早変わりしてしまいます。何事も適度が大切ですね。

 家にいる際はあまり動くことが少ないと思うのでお茶に変えてみたり、塩分・糖分が少ないものを選ぶようにするのも効果的です。身体を動かす度合いで飲み物にも変化をつけてみましょう。私自身は、あまり濃い味が好きではないため、100%のオレンジジュースなどは水で薄めて飲んでいます。

 薄味の方がごくごく飲めますし、ある意味経済的とも言えますね(笑)

 自分の身体は自分が一番わかっていると思いがちですが、実は無意識に身体にとって良くない習慣をつけていることも多いです。自分の身体を知り、なにが身体にとって良いのか理解してあげましょう。