体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

血液の健康状態を改善する秘訣は納豆!健康診断で血液の値を改善するにはナットウキナーゼが効く理由

日本の伝統的な発酵食品である納豆には様々な栄養素が含まれ、その健康効果に世界中から高い関心が集まっています。
納豆の原料となる大豆は栄養価が高く、バランスの良い食品ですが、大豆は生のままでは組織が硬く、消化されにくいという欠点があります。

しかし納豆はこの大豆の欠点を納豆菌による酵素分解の働きによって解消され、さらにたんぱく質や炭水化物、脂肪分などといった栄養素をそのままに、独自の風味を持つ消化吸収の良い優れた食品になります。

納豆にはバランスのよいアミノ酸や大豆イソフラボン、大豆サポニン、ビタミン、ミネラルなどダイスの優れた栄養素に加え、納豆菌の発酵過程でビタミンB群やビタミンK2、ナットウキナーゼなどのたんぱく質やビタミンがさらにプラスされます。

納豆に含まれるこれらの栄養素には様々な健康効果が期待でき、中には医学的に立証されたものも多くあります。

それでは納豆の素晴らしい納豆の健康効果にはどのようなものがあるか、見ていきましょう。



納豆の健康効果の中でも注目されているのが血液サラサラ効果です。

発酵により生成されるネバネバ成分であるナットウキナーゼには血栓を溶かしやすくする働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を予防する効果があります。怪我を下と着など血管が損傷して出血をすると、損傷を修復するために血小板が集まり血栓を形成し、これにより出血が止まります。

健康で血液がサラサラの状態では止血のために形成された血栓が血液中の酵素により、時間が経つと溶かされ消失しますが、食事や生活習慣などによって血中でコレステロールや中性脂肪が増加し、血液がドロドロの状態になると血栓を溶かす酵素が働きにくくなり、血栓は消失することなくますます大きくなってしまいます。

これによって血管が詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因になります。

納豆に含まれるナットウキナーゼには血液中の血栓を直接溶かす働きと、血栓を溶かすために働くウロキナーゼという酵素を活性化させる働きがあり、血液をサラサラにしてくれます。血液がサラサラになることで高血圧を抑制することができますし、悪玉コレステロールの減少にも繋がります。

納豆の健康効果で女性に嬉しいのが便秘の改善とダイエット効果です。

納豆には大豆由来の食物繊維だけでなく、発酵過程で生まれた成分によって食物繊維がさらにアップしています。
またアミノ酸の仲間である納豆のネバネバ成分は、人間の長では吸収されず食物繊維と同じような働きをします。
大豆が発酵する過程でたんぱく質が分解されてできた大豆ペプチドには、エネルギー消費を活発にして脂肪を燃焼させる効果や、食事をした後に安静にしていても代謝量が増大する作用が高まります。

さらに通常の食物繊維より水分を吸収する力が強いので満腹感も得やすく、腸を刺激してスムーズな便通を促すため、ダイエットには最適な食材と言えます。
納豆菌自体も善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。
健康も美容も健康な腸を作ることが大切です。

毎日の食事に納豆を加えて、健康な腸内環境を作りましょう。

これらの健康効果の他にも免疫力増強作用やホルモンバランスを整える効果のあるイソフラボン、疲労回復や抗菌殺菌作用のあるレシチン、高血圧・血栓予防に効果的なサポニン、骨粗鬆症を予防するカルシウムなど、納豆には多くの栄養素が含まれます。

納豆は朝食に食べるイメージがありますが、納豆の健康パワーを効果的にするためには夜に食べる方が良いとされています。
血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼの効果は食後10〜12時間持続するので、夕食に納豆を食べることで血栓のできやすいと言われる時間帯の睡眠後6〜8時間に合わせる形になります。

つまり寝ている間に血液がサラサラになるため、全身に栄養が届き、むくみや冷え、疲れなどにも効果が期待できます。
またナットウキナーゼは熱に弱いので、なるべく熱を通さず食べるようにしましょう。

納豆が苦手な人はサプリを使おう

納豆が苦手、外食が多く納豆を食べる機会がない…
そんな人にオススメなのが小林製薬から発売されているナットウキナーゼ&DHA&EPAセットです。

このサプリはナットウキナーゼだけでなく、魚不足の人に必須のDHA、EPAもカバーするサプリで、中性脂肪など血液をどろどろにする成分を体外に排出するのに必要な栄養素を含んでいます。

血液の状態を手軽に改善したいなら、1日2粒飲むだけでいい、小林製薬のサプリを使用するのが一番オススメです。
詳しい成分、購入方法は下記の公式ページを参考にしてください。



いかがでしたか?
1日1パックの納豆を習慣にし、体の中から健康になりましょう。