体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夜にトイレが近いのは頻尿の恐れあり。夜眠れなくなる頻尿の原因と治療法は?

最近では若い人の中にも仕事中にに我慢できない尿意に襲われたり、夜中に何度もトイレに起きるといった頻尿に悩んでいる人も多くいます。

頻尿は日常生活に支障をきたすこともあり、年齢・性別を問わずに発症すると言えます。
トイレが近い、尿の回数が多いという症状を頻尿と言います。

一般的に麻起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿と言いますが、1日の排尿回数あ人によって様々なので、自身で排尿回数が多いと感じる場合には頻尿と言えます。

頻尿の原因は様々で、男女によっても原因は異なり治療法も変わってきます。

自分が毎日どのくらいトイレにいっているか数えてみて、原因を考えながら対策をしてみましょう。



頻尿の主な原因は過活動膀胱とされています。

通常、膀胱には300cc〜500ccほど尿を溜めておくことができ、膀胱が一杯になると尿意を感じ、脳の指令によって膀胱が収縮して排尿に至りますが、過活動膀胱は人間の医師とは関係なく膀胱が収縮してしまう症状です。

過活動膀胱の原因は加齢による骨盤低筋肉の脆弱化や下部尿路閉塞などの非神経因性のものと、脳出血や脳梗塞などの神経因性のものと分けられます。

また更年期以降の女性の場合は女性ホルモンが不足した結果、膀胱が過敏になってしまうことが原因と言われています。

過活動膀胱の治療はまず薬物治療を行うのが一般的です。
膀胱の周りにある排尿筋を緩めて膀胱を広げ、尿を漏れないようにする抗コリン薬と呼ばれる薬がもっとも多く使われます。

また尿路が狭くなることによる過活動膀胱には、尿道を広げる交感神経遮断薬と呼ばれる薬が使われます。

他には骨盤底筋体操や膀胱訓練などで機能の弱った膀胱や骨盤底筋を鍛えることによって、尿トラブルの症状を軽くすることができます。
過活動膀胱は精神性の病意が関わることも多い病気ですので、比較的若い人にも起こります。

我慢のできない尿意を感じたり、抑えきれない尿意切迫感を伴うことがあったら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

頻尿と言えば思い出されるのが夜間頻尿です。

夜間頻尿とは夜眠りについた後、排尿のために1回以上起きなくてはならない状態のことで、このことにより日常生活に支障をきたすことを指します。

夜間頻尿は年齢を重ねることによって増加し、夜間の排尿の回数も増えていくのが特徴で、慢性な睡眠不足を引き起こすだけではなく、暗いなかトイレにいく回数が増えることで転倒による怪我や骨折の危険が増えます。

夜間頻尿の原因は様々ですが、主な原因は夜間多尿や機能的膀胱容量の減少が挙げられます。
本来尿は日中に多く作られますが、年齢を重ねることで心臓や腎臓の働きが低下して夜間に尿が多く作られるようになります。

そのため夜間多尿という症状が起こります。

他にも過剰な水分摂取や、夜間に尿量を減らす抗利尿ホルモンが加齢とともに減少することによって起こります。

機能性膀胱容量の低下とは前立腺肥大症や神経因性膀胱、間質性膀胱炎などの病気が原因で、膀胱に尿を溜めておけなくなることでおこります。

夜間頻尿の治療は原因により対処法が異なりますので、原因ごとの適切な治療が必要になります。
まずは原因を見極め、治療・改善できるものから治していくようにしましょう。

このようにトイレが近いと言っても原因は様々です。

明らかに水分の摂りすぎでトイレが近い場合は、水分の摂取量を調節するようにしましょう。
また何らかの病気が関係している場合は、早めに原因に応じた治療や対処をする必要があります。

頻尿の症状を伴う重篤な病気の中に膀胱がんがあります。
膀胱がんは腫瘍が進行すると膀胱炎と同様に頻尿が見られることもあり、痛みを生じることもあります。

泌尿器科はなかなか足を踏み入れにくいかもしれませんが、気になる症状がある場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

・関連記事

www.otonanomana.net