体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

50代に多いおしっこが出しきれない排尿障害とは?原因と治療方法まとめ

排尿後もおしっこが出きっていない感じがしたり、残っている感じがすることはありませんか。

このような症状がある場合は、排尿障害の可能性があります。

排尿障害とはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、このようなおしっこの悩みを抱えている人は多くいます。
排尿障害は中年以降の男性やお年寄りに多く見られますが、それ以外の人でもおしっこができれていない感じのする残尿感を感じることもあります。

正常な排尿とはお腹に力を入れなくても排尿ができ、尿が途中で途切れたり、なかなか終わらないことはありません。
また排尿後すぐに尿意を感じることはなく、尿意をはっきり感じ、ある程度は我慢もできるのが正常な排尿と言えます。
排尿障害とはこれらのことがうまくいかなくなった状態のことを言います。

排尿障害の中には様々な症状があり、おしっこが出しきれない症状も排尿障害のひとつです。

なぜこのような症状を感じるのでしょう。
おしっこが出しきれない排尿障害の原因と対策を見ていきましょう。



前立腺の病気の可能性を考える

50代以降の男性はこのような症状が現れる場合、前立腺肥大という病気が疑われます。

前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは解明されていませんが、男性ホルモンの働きが関与していることは間違いなく、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、前立腺が肥大すると考えられています。

前立腺が何らかの影響で肥大すると尿道を圧迫したり、前立腺部の平滑筋が異常に興奮し緊張収縮したまま排尿時に十分緩まないことで尿道が締め付けられて尿が通りにくくなってしまいます。

前立腺にばい菌が取り付いて炎症を起こした前立腺炎でも同じような症状が引き起こされます。
前立腺肥大症を放っておくと尿閉という全くおしっこが出せなくなる危険な状態になることもあります。

おしっこが出しきれていない症状が現れたら、年齢のせいと諦めず早めに医師に相談することが大切です。

おしっこが出しきれれない症状に加え、排尿後に痛みがあったり、尿が白く濁る、血が混じることがあるなどの症状がある場合は膀胱炎の可能性があります。

膀胱炎は女性がなりやすい病気で、一度発症してしまうと繰り返すことが多い病気です。原因としては尿道から細菌が膀胱に侵入し、感染することで膀胱に炎症を起こします。

もともと膀胱内には少量の最近が存在し、細菌への抵抗力がありますが、疲労やストレスなどで体力が落ちて抵抗力が弱くなることで感染してしまいます。
またトイレを我慢したり、トイレの回数を減らそうと水分を控えたりすることでも、膀胱内の細菌が増殖して膀胱炎になりやすくなる原因です。

軽い膀胱炎は水分を多く摂り、排尿とともに細菌が外に排出されれば自然に治ることもありますが、感染した細菌に合わせて抗生物質の投与がもっとも有効な治療法です。

これらの他にも抹消神経の障害でもおしっこが出しきれない症状を感じることがあります。
一般的に子宮がん、直腸がんなどで骨盤内の大きな手術や、糖尿病、脊椎二分症などにより末梢神経が損傷されると膀胱は弛緩し、排尿筋の収縮が不十分になります。
そのため排尿後も膀胱内に尿が残ることが多く、おしっこが出しきれていないと感じます。

この場合の対策は糖尿病などの基礎疾患があれば、まずはその治療が第一です。
排尿については時間をかけ、残尿をなくすようにすることが大切です。

子供にもおしっこが出しきれない症状が現れることがあります。
おしっこを出すときに膀胱の筋肉が十分に収縮しないため起こる場合と、排尿の途中で出口の筋肉が緊張するために尿が止まっておしっこが出しきれない場合があります。

子供は自分で症状を訴えることができないため、両親がチェックしてあげることが大切です。
原因となる疾患がある場合は適切な治療を行い、明らかな疾患が見られない場合は十分に水分を摂取させ、決めた時間に排尿する訓練をするようにしましょう。

ノコギリヤシのサプリで治療する

軽度の排尿障害であれば、ノコギリヤシのサプリが有効です。
小林製薬のノコギリヤシEX
は排尿障害の治療に役立つサプリです。

ノコギリヤシとは北アメリカ南東部に自生するヤシ科の植物で、ノコギリヤシに含まれる有効成分β-シトステロールが排尿障害の治療に役立つとして科学的な成分研究が進められ、アメリカやヨーロッパなど、世界の人々の体調改善に役立てられています。

1日2粒のソフトカプセルを摂取することによって、軽度の排尿障害ならば改善することが出来ます。
大手製薬会社の小林製薬から出ているサプリメントなので、安心して使える点も嬉しいですね。

詳しくは下記の公式ページを参考にしてください。



いかがでしたか?

おしっこが出しきれない感じがする症状は、実際の残尿の有無に関わらず起こります。

おしっこが出しきれない残尿感の多くは、排尿のリズムが原因となることが多く、適切な水分補給と適切な排尿を身につけることが解消されることが多いです。泌尿系の疾患は身の回りの人に相談しにくく、自分自身で間違った判断をしやすい病気です。

早期の治療がスムーズな回復に繋がるため、気になる症状がある場合は早めに医師に相談してみましょう。