体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

便秘の原因はストレスや運動不足!見落としがちな便秘の原因基礎知識

便秘とは一般的に大腸ないの排泄物の通過が足なったり、腸内に便が長時間とどまるなど、排便が順調に行われない状態のことを言います。

3日以上排便がなかったり、便が硬くて量が少なく残便感があったりする、排便の間隔が不規則などの症状が見られる場合は便秘だと思って良いでしょう。多くの女性が悩む便秘ですが、最近では男性の中にも便秘に悩む人が増えています。

便秘と言えば女性の悩みと思われていますが、最近では男性の中にも便秘に悩む人が増えています。
便秘が長く続くと排便が困難になるほか、腹痛、腹部膨満感、食欲不振などの症状が現れ、肌荒れや肩こりの原因にもなるなど全身に影響が出ることもあります。

便秘には様々な種類があり、その原因や症状は多種多様です。
便秘の原因を見誤ってしまうと便秘が解消されないだけでなく、逆効果になってしまうこともあります。

まずは何が原因で便秘になっているのか正しく見極めるために、便秘の主な原因を見ていきましょう。



便秘の大きな原因は食生活です。
特に近年の日本では1日あたりの食物繊維の摂取量が大幅に減少し、この食物繊維不足が便秘の大きな原因と言われています。

食物繊維は便のカサを増やしたり、大腸のぜん動運動を促進させる、腸内の有害物質を吸着し排泄する、腸内の善玉菌を増やすなど様々な働きをします。
便秘に悩んだらまず食生活を見直してみましょう。

食物繊維を多く含む食べ物を積極的に食べているか、インスタント食品やファストフードばかりの偏った食事をしていないか、規則正しい時間に食事を摂っているか、確認してみましょう。

健康を維持するには適度な運動は欠かせません。
運動不足になると体への影響として一番に挙げられるのが筋力の低下です。
排便は赤ちゃんの頃から自然に行っているためあまり意識をしていませんが、排便のために腹筋を使います。

腹筋を使っていきむことで腹圧が上がって大腸が刺激され、ぜん動運動が促進されることで便が著から肛門へ押し出されます。
この腹筋が衰えることで腸の動きが鈍くなるため、便秘に繋がってしまいます。
女性煮便秘が多い理由は男性に比べ、腹筋が弱いからとも言われています。

また腸の働きや排便行為は自律神経によって支配されていて、副交感神経が優位のときに排便が起こりやすくなっています。
適度な運動は副交感神経の働きを高めるため、腸の動きを整え便秘を解消することができます。
便秘を解消するためにはハードな運動は必要ありません。

お腹周りを意識してこまめに動いたり、腹式呼吸をする、階段を使う、一駅分歩くなど日常に簡単に取り入れられる程度の軽い運動で十分に効果があります。
運動不足を自覚している人はまず、簡単な運動から始めてみましょう。

便秘はストレスによっては引き起こされます。

ストレスは交感神経を優位にし副交感神経の働きを低下させるので、長くストレスを受けている状態が続くと体調のぜん動運動が鈍ったり、逆に過度になって強く収縮し、痙攣を起こしてしまうなど、腸に問題が発生することがあります。
ストレスに由来する代表的な便秘が痙攣性便秘と呼ばれるもので、排便が困難になる便秘になるだけではなく下痢と便秘を繰り返す場合もあります。

便秘対策を行っているのに症状が改善されない場合は、このストレス性の痙攣性便秘を疑ってみて下さい。ストレスが原因の便秘の場合、自律神経が正常になるようにライフスタイルを改善することが重要になります。

逆に市販の便秘薬や食物繊維の摂取などの基本的な便秘の改善法は、症状を悪化させることもありますので注意が必要です。運動をしてストレスを解消したり、好きな音楽を聞く、趣味に打ち込む、友人と楽しく過ごすなど上手にストレスを解消していきましょう。

便秘の原因として忘れられがちなのが水分不足です。

口から摂取された食物は胃と小腸で消化吸収され、水分の多いドロドロの液状になって大腸に運ばれます。大腸でゆっくりと水分が吸収されて固形化し、肛門へ運ばれていき、健康な状態ならそのまま排便されます。

水分の焼く8割が小腸で吸収され、残りの2割が大腸で吸収されますが、体内の水分が不足すると体は体外へ排出する水分を減らそうとするために便の水分が少なくなり、硬くなってしまいます。
すると肛門から出る際に排泄しにくくなり、便秘になってしまいます。

人間の体は約6割が水分でできていることからもわかるように、水は生物が生きていくための必要不可欠なものです。
もちろん排便に関しても水の役割が重要です。
喉が渇いていなくても定期的に水分を補給するように心がけ、便秘を予防するようにしましょう。

これらの原因の他にも薬剤の影響により腸のぜん動運動が抑制されて便秘になったり、糖尿病や甲状腺機能低下症などの全身疾患が原因で便秘になることもあります。

また女性の場合は忙しさや人前での恥ずかしさから便意を我慢してしまうことも多く、それが原因で便意をもよおさなくなってしまい、便秘になることもあります。
便秘の影には重篤な病気が隠れている場合もあります。

これらの原因を改善しても症状が改善されない場合や、便秘がひどくなった、便に血が混じる、便秘に伴って吐き気や腹痛があるなどの症状が見られる場合には一度病院を受診してみましょう。

関連記事

www.otonanomana.net