体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

偏頭痛にはどんな種類があるの?頭痛のタイプとそれぞれの原因とは


日本人は特に頭痛持ちが多いと言われていますが、あなたの周りでもしょっちゅう頭痛を訴える人、いませんか?
どちらかと言えば頭痛持ちには女性が多いというイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、ある特定のタイプの頭痛は確かに女性に多いといわれています。

いわゆる頭痛持ちというのは慢性的に頭痛を起こすような人を指しますが、痛みを起こす原因には複数あってそれぞれ対処法も異なります。

慢性頭痛は脳には器質的な異常はないので命には係わりませんが辛いものですよね。

では慢性頭痛にはどんな種類があるのかみていきましょう。


■慢性頭痛は大きく3タイプ

・緊張型頭痛

最も多いのがこのタイプです。筋肉や神経の緊張からくるもので、悪い姿勢から来る筋肉の緊張、連続した目の酷使からくる視神経や目の奥の筋肉の緊張、ストレスによる筋肉の緊張などが原因です。

首の後ろや後頭部付近に締め付けるような痛みや不快感を起こします。オフィスワーカーなどに多い症状です。

このタイプは緊張が原因になっているので、血流を良くする有酸素系の運動で体をほぐしてやると効果的です。同時にストレスも軽減されるので一石二鳥になります。

肩や首のコリを伴うので整体やマッサージも効果的ですが、ストレスの関与度合いが強い場合は再発しやすいので精神的なケアも必要になってきます。


・偏頭痛

緊張型の次に多いのがこのタイプで、女性に多いのもこの偏頭痛です。

頭の片方がズキンズキンと痛むのが特徴で吐き気を伴うこともあります。

脳の血管が何らかの原因で拡張することで起こると考えられています。

拡張する原因は様々ありますが、週末に起こりやすいこともあることから、普段の緊張から解放される反動で必要以上にリラックスした状態になることも理由として考えられます。

このタイプは下手に動くと痛みが増すため、できるだけ安静にして音や光を遠ざけましょう。
血管の拡張が原因ですので痛みを感じる部位をアイスノンなどで冷やしてあげると痛みを軽減できます。

また生活習慣を規則正しく保って、週末の寝すぎなど誘発要因を作らない努力も必要です。


・群発頭痛

慢性頭痛の中でもっとも対処が困難なのがこの群発頭痛です。

いまだもって正確な原因が掴めないうえに、痛みの辛さが他の二つと比べても耐え難いものであり、さらにそれが一定期間に毎日おき、さらに薬も効きにくいという酷いものです。

年間を通して1か月くらいの間、毎日決まった時間に痛み出し、目の充血や鼻水を伴って目の奥をえぐるような激しい痛みが起きます。

1、2時間ほどで自然に治まりますが、その間本人は辛さから何もできない状態になります。

職場等でこのタイプがいたら発作時にカバーできる体制を作るべきです。

20代から30代の男性に多いといわれています。

医師から処方された予防薬を常備して、予兆を感じたらすぐに飲むなどの対処が必要です。