体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ダイエット初心者におすすめの運動「ボクササイズ」とは?始め方と消費カロリーまとめ

ボクササイズとはボクシングの動きを取り入れた運動で、エアロビックトレーニングに分類されます。

ボクシングは皆さんご存知だと思いますが、格闘技の一種ですよね。

ボクシングや空手などは有酸素運動だと説明されることがありますが、実際の稽古やトレーニングでは瞬発力を必要とする場面が多く、エアロビックな要素はそれほど高くないというのがホントのところです。

ですがそこに工夫を加えることで有酸素的な要素を拡充し、効果的に脂肪燃焼できる動きになるよう改良を加えたのがボクササイズです。
また格闘技由来のシャープな切れ味や爽快感も体感できるとあって大人気のトレーニングなんです。



音楽にあわせてパンチ

音楽に合わせてパンチを繰り出したり、腰をひねってステップワークしたり、また足の上げ下げも入る全身を使う運動です。
運動習慣のない方ならば筋肉への適度な刺激があるので弛んだ体を引き締めてくれます。

この動きの中で腹筋なども活用しますので別途腹筋運動などをする必要もありません。

ただし筋力トレーニングのような効果は無いので、腕や足が太くなるといった心配はありません。

■どこで習えるの?

主にスポーツジムで習うのが一般的です。

民間のジムの多くはマシントレーニングだけでなく、ヨガやエアロビクスなど先生が生徒にコーチする形で運動メニューを提供するところが多くあります。
先生はそのジムの専属である場合もありますし、外部コーチとして委託されている場合もあります。

色々なメニューがある中で、ボクササイズが開催される時間や曜日を確かめて参加することになりますが、前提としてそのジムの会員になり、会費を支払う必要があります。

最近では本物のボクシングジムが経営の一環として昼間などにボクササイズメニューを提供するところもあります。本物というだけあって世界を目指す選手が傍らでトレーニングをするのを見ることができるなどのメリットもあります。

■ジム以外でもできる?

ジムに会費を払うのが嫌だという場合はDVD教材やWiiなどのゲーム機を使ってボクササイズを実践することもできます。
先生に教えてもらうのが一番ですが、要はカロリー消費が出来れば良いので、正確なパンチのフォームなどを気にする必要はないのでこれでも十分な効果を期待できます。

自宅で時間がある時に実践できるという強みもありますから、入門として試してみるにはちょうど良いかもしれませんね。
自分に合っていれば近くのジムに入会して、他の参加者と一緒に汗を流せばモチベーションもアップさせることができるでしょう。

■ボクササイズの消費カロリーは?

ボクササイズの消費カロリーは高く、全身性の運動ですのでシャープなボディラインを保つのに有効です。

体重50キロの方は30分の運動で約250kcal、体重60キロの方なら同時間で約300kcalを消費できます。
ジョギングと同様かそれ以上の消費カロリーになります。

音楽にあわせて30分近く運動するので、最初はきついですが、1ヶ月もすれば身体もなれてきます。
ぜひダイエットに活用してみてはいかがでしょうか?