体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

禁煙によって防げる病気と禁煙が長続きするコツとは?

喫煙者に対する風当たりは年々強くなる一方で、世間の扱いだけでなく、国も本腰を入れてタバコ抑制に動いていますね。
数年おきに行われる増税により、値段は数百円アップしてしまいました。それでも諸外国に比べればまだまだ低いといわれていて、今後も増税することは間違いないでしょう。

値段を上げるのは単に税収が欲しいからではなく、タバコの健康被害によって生じる医療費の増加を抑制する目的もあります。
お酒と違って「百害あって一利なし」のタバコは良いことは何もありませんが、その中毒性は高くなかなか止めることができません。

タバコ中毒になるとどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。



■タバコ中毒が引き起こす病気

まずは健康面のデメリットです。
タバコには60種類以上の発がん物質が含まれていて、これらが全身にくまなく影響してガンなどの病気を引き起こします。

ガンだけでなく血管系の病気や精神疾患など、まさに病気製造機ともいえる諸悪の根源です。

・がん系
胃がん、口腔 / 咽頭がん、すい臓がん、膀胱がん、子宮頸がん、肺がん、喉頭がん、食道がんなど

・精神系
うつ病、ストレス障害

・血管系
心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、脳卒中

・内分泌系
糖尿病など

・呼吸器系
喘息
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
肺炎

・その他
メタボリックシンドローム、バセドウ病、胃潰瘍、骨粗しょう症、胎児への悪影響や出産時の障害、乳幼児突然死症候群、勃起不全など

ざっと見るだけでも全身の病気を引き起こすことが容易に想像できますね。

■スモーカーズフェイス

あなたは「スモーカーズフェイス」という言葉を聞いたことがありますか?
これは喫煙者の顔に特有で現れる症状で、タバコに含まれる化学物質の影響で変わってしまった顔やその周辺をいいます。

髪の毛は白髪が増え、目や口の周りはシワが増え、唇は乾燥し、歯や歯肉にはタールの影響で黒く着色が見られます。

そして喫煙者特有の口臭です。

口臭はタバコの煙の臭いと思いきや、それだけではなく、喫煙者はほぼ100%かかるといわれる歯周病による腐った歯肉組織やうっ血した悪い血が発生させる悪臭です。
喫煙者のそばに行くと確実に分かるので、嫌煙者は喫煙者と話したくないというのはこのためです。

■費用面

タバコはお金がかかります。増税に次ぐ増税で増々費用は上がる一方です。
現在は400円台の商品がメジャーのようですので1日1箱なら1月で約12000円の出費、年間で14万円超です!

■タバコ代を治療費にかけよう

現在はお医者さんで禁煙治療が受けられます。保険適用で8週間ほどで13000円くらいで済みます。ガムの他パッチ剤なども利用できます。
自分で行う場合はニコチンガムならば治療の目安期間は3か月ほどで、ひと箱1000円台から買えます。

電子タバコも人気ですが、こちらは安いものだと数百円で買うことができます。
電子タバコはミントなどを霧状にして吸い込むタイプの、禁煙グッズです。タバコと同じ動作をするので禁断症状をおさえることができ、なおかつニコチン中毒から少しずつ離れる事ができます。

詳しくは電子タバコの最大手イータバコをご覧ください。
電子タバコはイータバコで購入することが出来ます。



ただしガムと違って低ニコチンに体を慣らすものではなく、「タバコを吸う動作」の習慣依存を軽減するためのものです。低ニコチンに体が慣れてきた後で口さみしい時に使うと良いでしょう。