体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

風邪を引いた時にお風呂に入ると悪化する理由は湯冷め。対策すればお風呂に入っても問題なし

風邪をひいたら、お風呂に入ってはいけないと昔よく言われました。
ここ最近、住環境が以前に比べれば良くなってきているので、風邪をひいてもオフロに入っても大丈夫という話をよく聞きます。

よく調べてみると、昔の日本では確かに風邪をひいてお風呂に入ると、「湯冷め」をするから、お風呂には入らないほうが良いというのが、元々の事情のようです。

つまり、昔は家にお風呂がある家というのは限られていて、例えば、銭湯に行ってあたたまるけれども、帰宅中に湯冷めをして余計に風邪が悪化してしまうということもあり、風邪を引いている時にお風呂に入ってはいけないというのは、こういう住宅事情から発生したものだったようです。


最近では風邪の時にお風呂に入ったほうがいいという考えが、主流のようです。その理由は4つほどあり、

家に風呂があるので、湯冷めの心配がない
入浴で精神的にストレスが発散する
風呂で体を温めるため、体の免疫力が上がる
風邪のウィルスは熱に弱いので、入浴で風邪ウィルスを弱める

というものです。
ただし、問題ないから野放図にお風呂に入っていいわけではありません。
ちゃんと、正しいお風呂の入り方をしないと、風邪を悪化させてしまう事になりますから。

では、正しいお風呂の入り方とはどういう入り方なのでしょうか。

まず、体温が38度以下じゃないと入浴はだめです。恐らく38度もあれば、お風呂に入る気にはならないでしょうけどね。
ですから、風邪の引き始めや治りかけの時は大丈夫です。

と言うのは、体温が37度くらいの時は、人間の体の免疫力が強い時なので、逆にお風呂の熱で風邪ウィルスを弱らせることができます。理想的なのは、40度位のぬるいお湯に20分くらい使って、体を芯から温めるというこことが大事です。

ポイントは何と言っても、湯冷めをしないことなので、半身浴もダメです。逆に体を冷やしてしまうので、とにかく体を温めるということを考えて、入浴をすることが一番大事です。

あたり前のことですが、お風呂から上がったら、すぐに布団に入って体を休めましょう。
軽微な風邪の時は、いつもよりも長くお風呂に入って、汗をかくくらい入るのが良いです。お風呂から出たら、すぐにタオルで体を拭いて、スポーツ飲料を飲んで、温かい布団に入る。

これで逆に風邪も撃退します。

よく体調が悪いから、シャワーで済ませようという人もいますが、これもだめ。
何故ならば、これでは体を逆に冷やしてしまうからです。風邪を引いている時にお風呂に入ると目的は、

・体を温めること
・できれば熱に弱い風邪ウィルスを弱める

というものですから、この目的から外れるような入浴であれば、入らない方いいでしょう。

また、こういう状態での入浴については、周囲の環境も大事です。
例えば入浴前の部屋や脱衣所は温めておくこと、洗った後の髪の毛を乾かすときはすぐドライヤーを使って、完全に乾かすというような工夫もする必要があります。