体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

社会人がなりやすい目の病気「ドライアイ」の原因と予防方法

ドライアイは、正確に言えば病気ではありません。
病気ではないけれども、放っておくと日常生活に大きな影響を与えます。

目の調子が悪いとものすごく不便ですよね。

ですから今日はドライアイについてよく考えてみようと思います。



ドライアイとは?

そもそもドライアイと言うのはどういう症状なのかということなのですが、ドライアイになると涙が少なくなり目の表面が乾燥します。
その乾燥によって目が疲れたり痛んだりしている状態がドライアイと言います。

軽い症状のドライアイなら目がつかれたなあという程度ですが、症状が悪化すると角膜までが傷ついて激しい痛みを感じたり炎症が出てきたりします。

現在、目に違和感や疲れを感じている人ははっきりした自覚症状がなくてもドライアイかもしれません。ただ、ドライアイは予防をすることができるので、そのあたりもう少しご説明します。

ドライアイの原因

では、どうしてドライアイになるのかということをご説明します。


ドライアイの原因と言うのは、言葉の通り目の乾燥なのですが、具体的には涙の異常によって起きます。
このドライアイが現代的なのは、結局日々我々の周囲の環境においては

・パソコンやテレビ、ケータイ画面などのモニターを見続ける生活により、まばたきが減少して涙が乾きやすくなる

・室内の 冷暖房などの空調により室内が乾燥しがちである

・涙の分泌は副交感神経(リラックスしたとき)に支配されており、交感神経優位(緊張時)には減少するメカニズムがある

・現代人はさまざまなストレスにより涙の分泌が抑制されているのではないかという考えもあある

・コンタクトレンズの長期・長時間装用

・夜型の生活

・食生活の変化

・運動不足

・加齢にともなう涙量の減少や安定性の低下

など様々な要因で目が乾いていしまうというものです。

ドライアイの予防方法

ドライアイを予防するには、様々な環境での方法がありますので、ご紹介をしておきます。

(1)パソコンで作業をする場合には、意識的にまばたきをふやします。

(2)長時間デスクワークのある人は、1時間に15分ほどは他の作業をするなど意識的に休憩を交えるようにします。

(3)室内が乾燥している場合は加湿器を置くなど、目が乾燥しないように適度な室を保ちます。

(4)目が疲れたら、蒸しタオルをまぶたの上に5分ほどのせて、休憩します。

(5)コンタクトレンズを装着していると、違和感があったり、目がゴロゴロする、充血するという症状は、ドライアイの可能性が高いので、コンタクトレンズの使用を中止するか、メガネの併用をします。

悪化したドライアイの治療法について

ドライアイの症状がひどいと感じたら、できるだけ眼科医に受診しましょう。
結局素人判断ではいいことはありません。
まだ軽い症状であればいいですが、これが重篤なドライアイということになると、自分の血液を採取してその血清を点眼する「血清点眼」の治療が行われる場合があります。

できるだけ早めに眼科医の受診をしましょう。