体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏ばて解消法の基本はしっかり食べること、クーラーに当たりすぎないことが大切!

f:id:miopika:20150520110914j:plain
 前回は夏バテが起こる仕組みについてお話ししました。

www.otonanomana.net


 今回はその防止・解消方法をお話ししていこうと思います。


 前回お話しした通り、夏バテの原因は自律神経の衰えや胃腸の働きの低下によるところが大きいです。これに加えて食欲減退からくる水分不足も要因の一つです。夏バテ予防は、これらを改善していかなくてはなりません。
 
 まずは、食事をしっかりと摂りましょう。

 暑さで大量の汗をかくことで、水分だけではなくたくさんのビタミン、ミネラルなどの栄養も失ってしまいます。栄養が足りなくなることで体力はどんどん落ちてしまい、夏バテ街道まっしぐらです。
 普段から栄養補給は生きていく上で大切ですが、夏場は特にビタミン・ミネラルなどの栄養を意識して摂るようにすることがポイントです。辛い物などの刺激物は、食欲を増進してくれ、代謝も良くしてくれます。食欲がない日などは積極的に摂るようにしましょう。

 
 具体的には豚肉やレバー、納豆に豆腐などはビタミンが豊富で夏バテに効果的と言われています。普段の食卓の中に一品添えてみるのもいいと思います。

 食欲が本当になく困っている人は、サプリメントもおすすめです。今は本当に多くのサプリメントが販売されています。ビタミンやクエン酸のものを選んで、少しでも身体に栄養を摂らせてあげましょう。

 しっかりと水分を摂ることも大切です。
 先ほどもお話しした通り、汗をかくことでどんどん身体の中の水分は出て行ってしまいます。外へ出かける際に鞄に携帯するなどし、こまめに水分を摂れるようにしておくことが大切です。身体に必要な塩分・糖分が含まれていると尚効果的だと思います。どうしても暑さから冷たいものを求めてしまいますが、あまりにキンキンに冷やした冷たいものは、胃腸をびっくりさせてしまうため、冷やしすぎには注意しましょう。

 冷房の効きすぎた環境もあまり身体には良くありません。
 外の温度と部屋の温度の差が大きく、頻繁にその温度変化のある環境を往復すると、身体はうまく対応できなくなってしまいます。

 開放感を求めて涼しくしたくなりますが、そこは我慢して、なるべく自分の行動範囲の環境温度は一定を保つように心がけたいところです。目標は部屋と外の温度差±5度です。

 真夏の夜は寝苦しく、なかなか寝就けない方も多いのではないでしょうか。しかしながら睡眠不足は体力をどんどん落としてしまいます。これも夏バテになってしまう原因になります。冷たい水で濡らしたタオルなどを首や足首に敷くことで、眠りやすさは大きく変わってきます。自分なりの眠りやすくする方法を探し、ゆっくり眠れるように工夫してみましょう。

 夏は緑も綺麗でお祭りなどで街も賑わいます。そんな素敵な夏を、夏バテで楽しめなくてはあまりにもったいないです。仕事の効率も悪くなると思います。

 自分のためにも身体のためにも、ちょっとした工夫で夏バテに負けない、元気な身体を作っていきましょう!