体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏バテはなぜ起こるのか?夏の疲労の原因とは

f:id:miopika:20150520110914j:plain
 夏になるとよく聞かれるのが『夏バテ』。
 皆さんはこれまで夏バテで困ったことはありましたか?

 これによって普段の生活などに支障をきたすこともある、現代特有の症状です。
 今回はこの夏バテの仕組み・原因についてお話していこうと思います。


 そもそも、なぜ夏バテが起こるのでしょうか。夏バテとはなんでしょう。

 人の身体は、常に体内の環境を整えるように作られています。体温・体内の水分量など、身体はいつも働き続けています。しかし、夏など高温で、湿度も高い日が続くことで、身体は普段以上に頑張らなければ、一定に保つことはできません。

 高温になった部屋を冷房で冷やすエアコンと同じです。
 部屋が暑ければ暑いほど、エアコンはフル稼働で頑張ります。
 部屋を冷やす分、働いたエアコンは熱を持ちます。これと同様に、身体も高温になるほど、一定にするのにかなりのエネルギーを使うのです。

 これが長く続けば、身体もパンクしてしまいます。このパンクして疲れてしまった状態のことを、私たちは夏バテと呼んでいます。

 この一定に保とうとする指令は自律神経がおこなっています。
 この大敵は、意外にも私たちのすぐそばにいることに、皆さんはお気づきでしょうか。

 帰宅した際、私たちは涼みたいと思って、設定温度を一気に下げ、早く涼しくなるように私たちは操作します。今は技術も進歩し、より精度が高く、使いやすく、冷房がより早く効いてくれるエアコンが数多く存在しています。
 涼しさを感じれば開放感があり、気持ち良さを感じますが、この急な温度変化は自律神経にとっては大敵なのです。

 暑い場所にいる間、身体はその環境に合わせて一定を保とうとフル稼働しています。しかし、そこから急に涼しい場所に入ることで、自律神経は急いで身体を保つための態勢を替えなければなりません。

 私たちは特に自覚することはありませんが、この急な温度変化は、自律神経にかなりの負担をかけているのです。そうして対応できなくなることで、めまいや食欲減退、頭痛などの症状が出てきます。これは身体の悲鳴なのです。

 この、数々の司令塔である自律神経が疲れてしまうことで、胃腸の働きも鈍くなってしまいます。
 暑さのせいで血の巡りが鈍くなり、胃腸への巡りも悪くなります。しかも暑さで多量の汗をかくことで、体内の塩分が不足し、胃酸も減ってしまいます。そこに暑さからの解放を求めて冷たい飲み物をがぶ飲みしてしまったら、当然胃腸はびっくりし、うまく働かなくなってしまうのです。

 だから食欲が落ちたりの症状が出てしまいます。この食欲減退によって体力はさらに落ち、ますます自律神経も元気を失ってしまいます。かなりの悪循環なのです。

 このようにして、普段私たちが涼みたいと思って部屋を急激に涼しくしたり、冷たい飲み物をがぶがぶ飲むことは、自分の身体に悪循環を与えてしまっているのです。

 このことを私たちは理解しなくてはなりません。

 では、どうすれば夏バテを予防することができるのか。これは下記の記事でお話ししたと思います。www.otonanomana.net