体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

緑茶の健康効果が凄い。カテキンの血糖値を下げる効果が死亡リスクのある病気を防ぐ

以前ニュースで話題になっていましたが、緑茶とコーヒーを飲むと心臓病や脳卒中のリスクが低下というニュースがありました。

これは、国立がん研究センターなどが実施している多目的コホート研究「JPHC研究」で明らかになったものです。

率直な疑問としては、緑茶やコーヒーは嗜好品ですから、多く飲み過ぎたりするとやはり健康を害するんじゃないかという素朴な疑問があり、ある意味この発表がそれを覆すようなところもあり、マスコミも取り上げたのだろうと推察します。

それでも、重要なニュースではあるので、緑茶やコーヒーを飲むことでどうして心臓病や脳卒中のリスクが低下するのかという観点で、このニュースを深堀りしてみようと思います。


調査の内容

まずは、調査の内容を調べてみると、40~69歳の男女約9万人を対象に1990年または1993年から2011年まで追跡調査したところ、平均19年の追跡期間中に1万2,874人が亡くなり、その内訳は5,327人ががん、1,577人が心疾患、1,264人が脳血管疾患、783人が呼吸器疾患、992人が外因による死亡でした。

緑茶の場合の研究結果

この結果を解析すると、緑茶を1日3~4杯を飲む人と5杯以上を飲む人では死亡リスクが、それぞれ男性で12%、13%、女性で13%、17%も低下したことがわかりました。

さらに病気別でチェックをしてみると、男性では1日3~4杯、1日5杯以上を摂取していた人では、脳血管疾患の死亡リスクがそれぞれ29%、24%低下。呼吸器疾患の死亡リスクでは、それぞれ28%、45%低下。また、女性でも緑茶を1日3~4杯、1日5杯以上摂取していた人では、心疾患の死亡リスクがそれぞれ26%、37%低下していたという、かなりこれは驚異的な数字になって現れました。

なぜ緑茶を飲むと死亡リスクが低下するのか
この研究チームが、どうして緑茶を飲むと死亡リスクが低下するのかとということについては、

・緑茶のカテキンに血糖値を改善する効果がある
・緑茶のカフェインが血管内皮の修復を促し、血管を健康に保つ
・カフェインに気管支拡張作用があり、呼吸器機能の改善効果がある

としていて、これは説得力のある研究結果だと私は思いました。

コーヒーについても同様の研究結果がでていて、コーヒーを1日1日1~2杯飲む人と3~4杯飲む人の死亡リスクは、全く飲まない人に比べそれぞれ15%、24%低いということが研究によってわかりました。

また、死亡リスクについても、コーヒーを1日1~2杯飲む人では、心疾患では23%、脳血管疾患では23%、呼吸器疾患では37%それぞれ低下。1日3~4杯飲む人では、心疾患では36%、脳血管疾患では43%、呼吸器疾患では40%それぞれ低下したというもので、これはかなり信用に足る研究結果だと思いますね。

まとめ

結局さらに深く調べてみると、緑茶のカテキンが脂肪を分離する役目があるというのは、トクホのお茶が物凄く売れているということからも分かる通り、健康には大きく寄与するということがわかります。

また、緑茶について調べてみると、緑茶に含まれるポリフェノールはビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍というすぐれた抗酸化力を持っていますから、体にいいものであるということはよくわかります。

嗜好品だから体に良くないと言うのは、こういう化学的な研究からも正確ではないということがよくわかりました。