体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

高血圧になりやすい人の特徴とは?高血圧対策には減塩による食生活の改善が一番

高血圧と聞いて、治療をしている人たちは別として、実際にあなたは高血圧かどうかと分かる人はそんなにいないはずです。何故ならば高血圧の場合に、自覚症症状がありません。だから、そのままにしていて後で大変なことになることがあります。

つまり、放置をしていると、動脈硬化、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの発作を起こすあります。怖いですよね。



動脈硬化とはどういう症状?

そもそもこれらの動脈硬化とか虚血性心疾患、脳卒中は言葉を聞いたことがあるけれども、どういうものかわからないということに、簡単にご説明をしておくと、動脈硬化と言うのは、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態をいいます。

これがどういうことを招くかというと、脳卒中、狭心症といった心臓病、大動脈瘤、腎硬化症、閉塞性動脈硬化症の原因になるわけです。これらの病気になったりすると、最悪の場合は死亡する可能性も高いので、できれば血圧を低くなければだめです。

高血圧の基準

では、血圧の高い低いという基準はというと、日本高血圧学会の発表によると、世界も日本も、高血圧基準は□140/90□mmHgということになっています。
なので、まずは自分の血圧がこの水準よりも低ければ、とりあえずセーフだと思っていいかもしれません。

しかし、油断をしていると上がったりしますから、気をつけないといけません。

高血圧になりやすい人のチェックリスト

次に高血圧になりやすいタイプはどういう人かというと、を高血圧になりやすくする危険因子というのがあります。列挙すると

・遺伝
・肥満
・耐糖能異常(糖尿病予備群)
・ストレス
・喫煙
・塩分の多い食事

飲酒の習慣などがその危険因子だが、これらを多く持っている人ほど、高血圧になりやすいといえます。
厚生労働省ではチェックリストを用意しているので、こちらに引用をしておきます。

□濃い味つけのものが好き
□野菜や果物はあまり食べない
□運動をあまりしない
□家族に高血圧の人がいる
□ストレスがたまりやすい
□お酒をたくさん飲む
□たばこを吸う
□血糖値が高いといわれたことがある
□炒めものや揚げもの、肉の脂身など、あぶらっぽい食べものが好き

高血圧を落とすための方策ー食事編

それではこの高血圧を落とすためにはどうしたらいいのか。一つは、まず病院等で適切な治療をしてもらうということが、大事です。次に高血圧を防ぐためには食事が大切です。

こちらは単刀直入に言うと、塩分の少ない食事をすることで血圧を上げさせないようにするというものです。これは、血圧が上がる原因として食塩のとりすぎというのが多くの研究や統計でも指摘をされています。

数値的に、言われているのは、高血圧の度合いにもよりますが。1日の塩分摂取量は7g以下(重症の場合は、5g以下などの場合もありますが、医師の指示で決まります)。

こちらの量はどのくらいになるかというと、小さじ山盛り一杯がちょうど10gになりますから、そちらを目安にしてみるといいでしょう。ただ、最初は慣れなどもあるので、減塩醤油や減塩味噌といったものを使ってみたらどうでしょうか。

高血圧を落とすための方策ー日常生活篇

高血圧にならないようにするためには、肥満を防ぐことが大事なので、常に自分の体重やBMI値を測って現状を確認しておくことが大事です。ちなみにBMIの測定式は
BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}
です。
日本肥満学会によると、

18.5未満:低体重
18.5~25未満:普通体重
25~30未満:肥満(1度)
30~35未満:肥満(2度)
35~40未満:肥満(3度)
40以上:肥満(4度)

なので、BMI値が25を超えると肥満となりますので、注意をしましょう。ちなみに170センチの身長で75キロの体重のある人は、BMI値は26なので、肥満ということになります。
したがって、日常生活でも適度な運動をすることで、体型を維持しておくということも、高血圧にならないために必要なことです。

まとめ

高血圧は冒頭にも書きましたが、自覚症状がないので、病気であるという認識がなくなり、そのまま放置しておくと、脳卒中や心臓病などで命の危険が伴います。

従いまして、常に自分の数値をチェックして、治療や運動をして高血圧にならないようにすることが大切です。