体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

唐辛子がダイエットに効果的な理由。辛味成分カプサイシンで脂肪を燃焼しよう!

f:id:moguhausu2:20150518143553j:plain

ダイエットの方法も様々ですが、唐辛子を食事に取り入れるというダイエットもあるそうです。
皆さんは唐辛子と聞くと、何を想像しますか?
辛い、痛い、汗がでる、ダイエットに効きそうといった所でしょうか。

実は唐辛子はダイエットに効果的だといわれているのです。



カプサイシンの働きとは?

私たちは辛い物を食べると、身体が温まって汗がでてきますよね。
それは唐辛子に含まれているカプサイシンの働きによるものです。
体内にはいると、脂肪を分解するアドレナリンがホルモンを分泌し、脂肪を効率良く燃焼させるというものですが、辛い物を食べたからといって燃焼できるものではありません。
カプサイシンには脂質分解を促進、燃焼効果を高める効果があるので、ウォーキングなどの有酸素運動と組み合わせることにより多くの脂肪を燃やすことができるのです。

唐辛子の辛み成分は、カプサイシンです。品質によって違うのですが、主に成分の80~90%を占めるそうです。
辛いだけのイメージが強いですが、実は栄養素が豊富でビタミンA、ビタミンE、鉄、カリウムなど多く含まれています。

カプサイシンにはこのような働きがあります。

体温の上昇
発汗作用
脂肪燃焼効果
血行促進
食欲増進

カプサイシンの効能

新陳代謝の向上
免疫力アップ
便秘解消

カプサイシンには身体を元気にする効果があるんですね。
生活習慣病の予防にも良いと考えられています。

唐辛子入りの食事といえば、どんなものがあるでしょうか?
すぐに浮かぶのは、ラーメン、鍋、麻婆豆腐などです。
どれも美味しそうで、食欲をそそります。

カプサイシンには、食欲増進効果がありますので、沢山食べ過ぎないようにして頂きたいのが本音です。
注意点なのですが、唐辛子は刺激が強いので、過剰摂取は控えることです。
自分の中で美味しいと感じるくらいが丁度良いのかもしれません。
辛い物を大量に摂取してしまうと、胃に負担をかけることになり、体調にも影響してきます。

唐辛子ダイエットをお考えの方は、食事の量を減らすことにより、効果も期待できるようです。
塩分と油は控えるようにしましょう。
辛みは、塩加減を強く感じさせ、料理を濃厚な味に仕上げてくれます。

カプサイシンは、熱に強く油に溶けやすい性質です。
調理の際、唐辛子を漬けこんだ油で炒めると、料理全体に辛みがいきわたり、辛いと思われる刺激も和らげることができるのです。

■唐辛子を使って身体を温める食事

煮物、温野菜サラダ、野菜スープ

唐辛子、にんにく、生姜、葱は血行を良くする働きがあります。
ある料理サイトでは、唐辛子を使ったダイエットに最適なレシピが沢山載っています。
是非参考にしてみてください。

■辛いものが苦手。でも唐辛子ダイエットをしてみたいそんな方へ

普段の食事にほんの少し唐辛子をいれることで効果も感じることができると思います。
先ほどもお話しさせていただきましたが、一緒に適度な運動も必要です。
サプリメントを摂る方法もあります。
サプリメントだと辛味もないので、辛さが苦手な方にオススメです。
サプリメントを使用した方々の口コミを見ると、代謝がアップした、体脂肪が減ったなど嬉しい効果があらわれているようです。
効果のでかたも個人差がありますが、身体がポカポカしたり、汗がでやすくなったという声は多いです。

いかがでしたか?
唐辛子には身体の機能を高める効果があります。
ダイエットに効果があると、注目されているものです。
代謝を良くしたい方にはオススメなのではないでしょうか?
胃が弱い方は無理して食べ過ぎないようにしましょう。
食品で取り入れる際は適量を心がけましょう。
必要以上に摂取すると、味覚減退や胃を痛めるといった可能性もありますので注意が必要です。
用量を正しく守れば問題はありませんのでご安心してください。

適度に食べて、適度な運動をして新陳代謝を良くしていきましょう!