体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏の熱中症はなぜ起こる?子供や高齢者のために知っておきたい熱中症の原因

f:id:miopika:20150518124120j:plain
 これからの暑い季節に起こりやすい熱中症への対策は、みなさんそれぞれなさっていることと思いますが、どのような仕組みで起こるかご存知でしょうか。今回は熱中症がどのような仕組みで発症してしまうのか、お話していこうと思います。



 人の身体は、体温が上がっても、汗の排出や皮膚温度の上昇で身体の熱を逃がして、ある程度一定の体温を保つように出来ています。それでは対応しきれないことで熱中症になってしまうのですが、これは、身体が適応出来ないことだけが問題なのではありません。適応出来ないくらいに温度が上がった『環境』、激しい運動や労働による『行動』、そして適応できなくなった『からだ』の3つの要因によって熱中症は引き起こされるのです。

 これら3つの要因について、詳しくお話していきます。

環境

 これは真夏の日を想像していただけると分かりやすいですね。
 気温や湿度が高く、日差しが強い場所中で長時間居続けることは、みなさんも良くお分かりのように熱中症になる確率が高いです。その他、風がほとんど吹かないような、締め切った部屋でも、熱中症になってしまうことがあります。直射日光を浴びていないからと油断して、このような密室で命を落とす人が、実は多いのです。

からだ

 健康体の方でも、高齢者や乳幼児は熱中症にかかりやすいです。風邪などで脱水症状になっている方は、さらに確率は上がります。肥満の方も、体内温度の調節が難しく、熱中症になる方がいるようです。二日酔いや睡眠不足など、体調がすぐれない方も注意が必要です。

行動

 激しい運動や、身体を使う労働をしている方も、熱中症になりやすいです。長時間直射日光を浴びる作業だったり、水分補給を頻繁に出来ない場合は、かなり危険です。


普段の何気ない生活の中に、熱中症を引き起こす要因はいくつも潜んでいます。今のご時世、なかなか自分の身体を一番に考える事は難しくなっていますが、注意が散漫だったり無理をすることで、結局周りの仲間や家族に迷惑がかかってしまいます。時には命も落としてしまう熱中症。これからの季節、意識的に注意しましょう。

 出来るだけ薄着をしたり、水分補給は必須ですね。今は肉体仕事でも積極的に水分や塩飴を摂るよう声がけされているので、我慢せずに、無理せずにこれらは摂っていきましょう。
 ちょっとスーパーへ行く時なども、少し外へ出るだけだからと油断せずに、帽子をかぶったり日傘を使用して、直射日光を避けるようにしましょう。外での仕事はなかなか日陰を選んで作業はできませんが、休憩時間など身体を休める時間だけでも、なるべく日陰を利用して、直射日光は避けたいところです。

 『少しだから』というちょっとした油断が命取りになってしまうこともあります。その『少しだけ』が身体には相当な負担を与えています。
 これからどんどん暑くなってきます。皆さんそれぞれが注意し、熱中症を予防していきましょう。