体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

暑さで失神することもある恐ろしい熱中症の症状とその対策。熱射病まで悪化するとショック状態に

f:id:miopika:20150518112450j:plain
 だんだんと暖かい季節になってきました。
 夏になるにしたがってよくニュースに取り上げられるのが熱中症。
 この症状によって命を落としている人が毎年何人もいらっしゃいます。今回は、その主な症状、原因、対策についてお話していこうと思います。少しでも皆さんの生活に役立ていただきたいと思います。


 熱中症と一言で言っても、種類がいくつかあります。

①熱失神

 暑さによって血管が収縮して血圧が低下してしまい、脳の血流が減少することで起こる症状です。
 この特徴は、めまい、単発的な失神、顔が青白くなるなどです。

②熱痙攣

 汗を大量に出て、糖分や塩分のないただの水を摂取した際、血液の糖分、塩分の不足によって身体の筋肉に痛みを伴う痙攣が起こる症状です。
 これらによって、足がつったり、腕、腹部にも筋肉痛に似た痛みが生じます。

③熱疲労

 ②と同様に沢山の汗をかき、体内の水分が減ってしまうことで脱水症状になる症状です。
 全身に感じる倦怠感、頭痛、集中力が散漫になってしまうのが特徴です。

④熱射病

 体温が上昇してしまうことで中枢機能に異常が出てしまう状態のことを言います。意識が飛んでしまうことや、反応や言動に鈍さが出たり、酷い場合にはショック状態になることもあります。
 
 
 このように、『熱中症』にもたくさんの種類があります。ただやみくもに、水を取ればいいというわけではありません。体内に必要な塩分や糖分がなければ、症状は治まるどころか悪化してしまうことも考えられます。
 これらに対する適切な対策が必要です。

 熱失神や熱疲労、熱痙攣においては、生理食塩水や、塩分、糖分の入ったスポーツドリンクや生理食塩水の補給で、よほど症状が酷くない場合は回復します。
 熱射病は、熱中症の症状の中で命を落とす可能性のある危険な状態です。
 ・なるべく早い段階で病院へ運ぶこと。
 ・同時に、身体を冷やすなどして体温を下げて、意識を回復させること
 ・上記がその後の状態を左右するため、病院へ連れて行くだけではなく、現場での応急処置も大切。

 これらの処置が大変必要となります。

 熱射病の応急処置として、全身に水をかけたり、大きな血管が通った首、わきの下をタオルなどで冷やすことが効果的です。足の位置を高くして手足の先から身体の中心へ向かってマッサージし、血の巡りを良くすることも良いとされています。

 風邪を引いたときなども、ボーっとしたりフラフラしたりしますが、熱中症もそれに似た症状のため、危機感が薄れがちです。命の危険が迫っているという感覚が、ほとんどない場合が大きいです。そのため、適切な処置をすることなく毎年何人も命を落としているのです。
 
 医師ではなくても、ある程度のところまでは一般人でも対処できます。少しでも熱中症に対する知識を持ち、病院へ行った後、より早く回復できるよう、対策を自分なりに考えておきましょう。