体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ヘアカラーでイメチェンを成功させる方法。知っておきたい髪のアンダーカラーとは?

f:id:kusanagitoki:20150517124954j:plain
今やヘアカラーはおしゃれの定番。でもいざヘアカラーをした時に、「思ったような色が出ない」
「オレンジっぽくなっちゃう」「黄色くてぱさぱさに見えてしまう」なんてお悩みはありませんか?それにはあなたの髪のアンダーカラーが関係してるのかも!


職場や学校、ショッピングに街へ出かけたりすると最近は本当に多種多様な髪形や髪色の人を見かけます。シーズンや気分に合わせてヘアカラーで自分のスタイルを楽しんでいる人を見るとおしゃれ上級者に見えて格好良いですよね!
気分も上がるヘアカラーを成功させるためにアンダカラーの事を知っておきましょう。

髪のアンダーカラーとは?

日常でなかなか聞き慣れない言葉ですが簡単に言うと、文字通り私たちの髪の毛の下地になっている色の事をアンダーカラーと言います。
日本人の髪色と言えば黒ですね。でも黒色と一口で言っても少し赤みがかっていたり黄色っぽかったり、実は目に見える色だけではなく赤・青・黄色の色の三原色を基本として様々な色が隠れんぼしています。この隠れているカラーこそアンダーカラーで人それぞれ生まれもって違っているのです。

アンダーカラーとアンダートーン

髪の毛を脱色して明るくしていくと、黒>濃いブラウン>レッドブラウン>オレンジブラウン>レッドオレンジ>オレンジ>イエローオレンジ>イエロー・・・と言うように徐々に変化していきます。

ちょっと細かい話になりますがこのブリーチの過程で見えてくる生まれながらに持っている色素からなる色はアンダーカラーではなくアンダートーンと言います。アンダーカラーはアンダートーンを更に詳しくしたもので、それまでに染めたヘアカラーで髪に残っている色素まで含めた色の事を指す言葉なんです。

ヘアサロンでカラーをお願いする時に「カラーの経験はありますか?」と美容師さんに訊かれる事がほとんどだと思いますが、それはこのアンダーカラーをまず理解するためだからですね。

黄色っぽくなりやすい?赤っぽくなりやすい?

自分でヘアカラーをした時にイメージより黄色っぽく、明るくなってしまったり反対に赤(オレンジ)がかって見えてしまう…。そんな失敗ありませんか?これには日本人に多い二つの色素が関係しています。

赤・青・黄色の三原色から構成される黒の中でも、日本人の黒髪は一般的に赤の色素が一番多く、次に黄色、最も少ないのが青色の色素とされています。赤を10とするなら黄色が8、青が5と言うのがおおよその割合ですが個人差が有り、人によっては黄色の色素が多めでこれがいわゆる「黄色っぽくなりやすい」タイプ。
赤色の色素が多めなら「赤(オレンジ)っぽくなりやすい」タイプの髪になり日本人の約8割ほどはこのどちらかに該当すると言われてます。

もともとは一般的な色素の割合で黒髪が形成されている人でも以前に染めたカラーが黄色系でその色が残っていればアンダーカラーは黄色よりになりますから、アンダートーンとアンダーカラーは少し違ってくるのが分かると思います。
この下地になっている色を知る事が自分がなりたい髪色、理想通りのヘアカラーをするために大切になってくるのです!

f:id:kusanagitoki:20150517130931j:plain
ヘアカラー売り場にはこんなにたくさんの色が…。

アンダカラーは見分けられる?

アンダーカラーにはそれまで入れた事のあるカラーの残留色素も関係してくるので、私たちが見分けるのはかなり難しいと言わなくてはなりません。また、自分でブリーチをして実験をしてみる訳にもいかないですよね。

アンダーカラーを知る一番の近道は、カラーをする前に美容師さんとよく相談して自分の髪に潜む色を見てもらう事でしょう。その時に今までにカラーリングをしたことがある人はどんな色味を入れたのか、その時に思った通りの色身になったのかそれとも黄色っぽく見えたりオレンジっぽくなってしまったのか、色が落ちる時はどんな風に落ちたのか等を話してみて下さい。

特に「黄色っぽくなりやすい」髪の人はカラーリングをした後約一か月後には染めた時よりも髪色が明るくなる場合が多い事と、明るい色にすればしただけ黄色が目立ってくる事が多いのが特徴的。また、アンダーカラーに関係して太くて固い髪には赤系の色が入りやすく、反対に細くて柔らかい髪の毛には黄色が入りやすい場合が多いのでそれも合わせて見てもらうと良いでしょう。

ヘアサロンで綺麗に自分の思ったようなカラーをしてもらったら、担当の美容師さんに自分の髪の特徴やアンダーカラーを尋ねておけば自宅で染めたいと思った時にも参考になりますね。

自分の髪に潜んでいるカラーを知って素敵なヘアカラーを楽しみましょう!