体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

玉ねぎで血液サラサラ!玉ねぎの栄養素、硫化アリルの健康効果とは?

f:id:galbokun:20150517122643j:plain
ドロドロ血、みなさんはなっていませんか?
いかにも怖そうな名前のドロドロ血ですが、放っておくとどうなるのでしょうか?
もしすでにドロドロ血になってしまっていたら、どうすればサラサラになるのでしょうか?
血液をサラサラにする鍵は、私たちの身近な野菜である玉ねぎにありました。



ドロドロ血は病気を招く

ドロドロ血をそのままにしていると、さまざまな病気を引き起こします。

代表的なものでは、動脈硬化や高血圧が挙げられます。
サラサラ血に比べ、ドロドロとした血は全身に送るときに高い圧力が必要になります。これが高血圧を引き起こし、さらに高い圧力によって傷ついた血管が動脈硬化を招きます。

ドロドロ血はその名前の通り恐ろしい症状なのです。

ドロドロ血の改善方法とは?

では、ドロドロ血を予防したり改善したりする方法はないのでしょうか?

実は、うってつけの食べ物があります。それが玉ねぎです。
とても身近な野菜で、口にする機会も多いですよね?玉ねぎの何がドロドロ血に効くのでしょうか?

玉ねぎがドロドロ血に効く理由とは?


玉ねぎを切るとき、目にしみたり涙が出たりした経験が誰しも一度はあると思います。

これは、玉ねぎの成分である硫化アリルによるものです。硫化アリルには、血液がドロドロになるのを防いでくれるというスゴイ効果があります。

さらに、ビタミンBの効果を増進する効果もあります。ビタミンBは血糖値が上がるのを抑える作用があり、サラサラ血になるのを手伝ってくれます。

それだけではありません。
水にさらしていない生の玉ねぎを食べると、辛くて食べられないなんてことありますよね?

これは辛味成分といわれる硫化プロピルが作用しているのですが、ただ辛いだけではないのです。硫化プロピルには、健康診断で誰もが気になる血糖値や中性脂肪、コレステロールを下げてくれる嬉しい効果があります。

さらに、玉ねぎに豊富に含まれるカリウムには過剰な塩分を体外に排出する効果があります。塩分をちょうど良い状態にコントロールすることで高血圧を防ぎ、ドロドロ血を予防してくれます。

玉ねぎの食べ方にはルールがある

こんなに素晴らしい効果がある玉ねぎですが、サラサラ血を目指して食べるときには気をつけたいルールがあります。


①生で食べる

硫化アリルと硫化プロピルの効果を最大限に発揮させるなら、生で食べるのが一番です。
薄くスライスして、オニオンスライスとして食べましょう。かつおぶしと醤油で食べると、シンプルですがおいしいですよ。もちろん、野菜サラダに入れてドレッシングで食べてもOKです。


②切ってから15分ほどおく

玉ねぎを切ったら、15分程度そのまま放置します。すると、成分が安定して効果がより期待できます。


③水にさらすのはNG

生の玉ねぎの辛味を抑えるために水にさらす方法がありますが、これは硫化アリルや硫化プロピルの効果を半減させてしまいます。


④一日に4分の1個ほど食べるのがベスト

これなら続けられそうという方も多いのではないでしょうか?ただし、毎日続けることが大切です。
サラサラ血にするために、少しずつを毎日食べましょう。


野菜の中でも一、二を争うほどポピュラーな玉ねぎですが、こんなに体に良い食べ物だったんですね。
いろんなドレッシングで味を変えれば、毎日飽きずに続けられそうです。