体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

足を細くするのにオススメの食事や運動方法、習慣とは?脚痩せをして美脚になるコツ

若い頃は脚がほっそりしていたのに、今では太くなってしまった、太くなったせいで、スカートも似合わなくなってしまったなど、悩んでいる方は多いと思います。

必ず原因はあります。

これから、美脚に近づくためのオススメの方法をご紹介していきたいと思います。



まず、どうして足が太くなってしまったのでしょう?
タイプには3つあります。

脂肪太りタイプ

ぽっちゃりしています。
ぷるぷるしているのが特徴的で、食事に関しては摂取カロリーコントロールが必要です。間食はもちろんのこと、脂肪、糖分を控えることです。野菜を多く摂ることをオススメします。

筋肉タイプ

スポーツをしていた方はご存知だと思いますが、足腰をつかい運動で脚が鍛えられることにより、筋肉が発達して太くなるということです。スポーツをやめてしまうと脂肪太りタイプになってしまう可能性がありますので、適度なカロリーコントロールの摂取を意識することが大切です。

食事制限によって、脂肪を減らすことができます。

むくみ太りタイプ

夕方靴がきつくなる、朝になってもむくみがとれないのが特徴です。水分不足に注意しましょう。塩分に注意して、調味料は薄めに、素材の味がわかる程度の味付けです。

美脚に良いとされている食べ物はビタミン、食物繊維、カリウムを多く含んだ緑黄色野菜です。
南瓜はむくみ解消、ブロッコリーは脂質の代謝を促進、人参は血流をスムーズにします。
血行不良を改善するために身体を温める食事をしましょう。

生姜、葱、香辛料がおすすめです。
酵素を含む果物は、消火に負担がかからないそうです。
アボカドは、脂肪分解酵素、イチゴは腸内環境を整えます。

大豆は植物性のたんぱく源で、血液をサラサラにして腸の働きを活性化させます。
醤油や味噌などの発酵食品、納豆は積極的に摂りましょう。

ヨーグルトやチーズは善玉菌を増やす働きがあります。
ビタミンEが豊富なくるみやアーモンドは血流を促進します。
悪玉コレステロールを低下させる働きや、中性脂肪を減少させる働きがあります。
生活習慣病や老化を予防することが期待できます。

カリウムが豊富なプルーンやいちじくなどのドライフルーツは、食物繊維を多く含み、善玉菌を増やす働きがあります。
動物性たんぱく質ですが、肉類をとるとストレスに強くなるそうです。
魚は、生活習慣病の予防になるとされていて、卵は超良質の理想的な完全食品といえます。

脚痩せに効く運動とは?

運動方法ですが、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がオススメです。
激しい運動をしたりするのはいけません。
無理をしないでするということです。
運動量を多くしてしまう程、筋肉は発達してしまい、筋肉がついてしまうということになります。

適度な運動を続けていくということが、効果への第一歩です。

家事をしながらも取り入れることができます。
膝を曲げるなどの屈伸運動、爪先立ちを3分ほどしてみたり、意識するしないとでは全然違います。

これをすることで、基礎代謝が向上、バランスをとる訓練にもなりますし、骨盤底筋も鍛えることができます。
かかとを外に開いたり閉じたりするのも良いです。

運動後は、お風呂で身体を温めることが大切です。
入浴後、身体全体が温まった状態でふくらはぎを優しくマッサージします。
とても効果的です。

日常で習慣づけたいことは、姿勢を良くするということです。
意識するだけで、いつもつかわれていない筋肉に刺激され、ひきしめ効果がアップします。
そして、足を疲れさせないようにするということです。

また、自分にあわない靴を履いてはいませんか?

脚のむくみの原因かもしれません。
次に適度な運動をすることです。
難しく考えずに、空いた時間でやってみようという気持ちがあれば良いと思います。
ウォーキングは最適です。
身体が温まることで、体脂肪を落とす効果があります。

いかがでしたか?
女性は、足が疲れるとむくみやすくなりますね。
運動は苦手と思う方もいるかもしれません。

習慣づけることで、少しずつ美脚に近づくことができますよ。
家事の合間にでも、できる所から無理のない程度に試していただけると嬉しいと思います。