体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

なぜウコンは二日酔い治療に効くのか?ウコンとアルコールの関係性

忘年会シーズンはもうとっくに終わっていますが、日々お仕事をしていても、友人と会っていても、何かしらコミュニケーションをとっていると、必ず発生するのがお酒の席であります。

ただ、このお酒を飲み過ぎての失敗談はたくさんあると思うのですが、テレビのCMとか見ていると、お酒を飲む前にウコン!というようなアピールをしてます。私ごとのながら、私もお酒を飲む前は必ずウコンを飲むようにしています。

それは二日酔いになら内容にウコンを飲むわけですが、恐らくどれだけウコンの効果があるのかということを知らない人もいるかと思いまして、今回ウコンについて深堀りをしてみました。



ウコンとは何か

そもそもウコンとは何かということで、早速チェックをしてみました。まず、ウコンには何種類もあって、その中で我々がCMで見たりして身近にあるウコンは「秋ウコン」と言われるものだということがわかりました。これ以外には「春ウコン」や「紫ウコン」などがありますが、「秋ウコン」とは全く別物でして、我々が二日酔い対策などで摂取するウコンは「秋ウコン」ということになります。ですので、以下の文章も「秋ウコン」について色々と書いていきます。

どうしてお酒を飲む前ウコンが効果的なのか

それではどうしてウコンをお酒を飲む前に飲むと効果的なのか。ウコンが二日酔い対策に有効であるのかということを、調べてみました。
そうすると、ウコンに含まれる成分であるクルクミンが、二日酔いに効くというのです。

それはまずなぜ二日酔いになるかというと、二日酔いはアルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質が原因で起こルのですが、クルクミンはこのアセトアルデヒドという物質の分解を促進させると言われています。
しかも半分近く分解をしてしまうということもあるので、二日酔い対策になるんだそうです。

このクルクミンは、二日酔い対策だけではなく、抗酸化作用、抗炎症作用、肝保護作用などが報告されており、その他にも消化不良改善や関節リウマチ改善、美肌など、その機能は多岐にわたります。こういった効能もあるので、様々なメーカーがウコンを商品化してるんですね。確かに、私もウコンを飲んでお酒の席に出ても、かなり飲んでもお酒が残るということがなくなった気がします。二日酔いは本当にキツイですし。

飲み過ぎによるウコンの副作用

ただ、やはり、このウコン、いいことばかりではないです。あまり多く摂取し過ぎると副作用があり、逆に健康を損ねる恐れもありますので、そのあたりは注意が必要です。

それではウコンにはどのような副作用があるのかというと、最も最も危険性が高いものが肝機能の悪化です。そもそもウコンは肝臓に良かったはずなのですが、ここで矛盾してる感じがしますね。

確かにウコンには肝機能を促進する機能があるのですが、一方でたくさんの鉄分がウコンには含まれます。そのためこれが原因で逆に肝臓に負担をかけてしまい、肝臓障害を患っている患者の方がこのため最悪の場合には死に至ることもあり、実際に症例もありますので、肝臓に何らかの疾患を抱えている人はウコン関連のサプリメントなどの摂取は避けたほうが良いと思います。

また、妊娠中あるいは授乳中の方も注意しないといけないです。
それはウコンにはクルクミン以外にも多くの精油成分を含むものがあり、このウコンに含まれる精油成分は、子宮を収縮させる効果があり、妊娠初期の方が大量のウコンを摂取してしまうと、この子宮収縮の効果によって流産になる可能性を高めてしまうことがあります。

授乳中の方も、体調がまだまだ普通じゃないですから、注意しないといけないですね。

では、具体的にどれくらいの量のウコンを摂取しても問題ないのかというと、
国連の食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)の合同会議により、およそ「体重1kgにたいして0~3mg程度が望ましい」と言われており、例えば体重が60kgの人の場合「1日のウコン(クルクミン)摂取上限目安量は180mg」というとになります。

まとめ

結局ウコンは二日酔いには万能なものと受け取られがちですが、それはきちんと常識の範囲での摂取をしないとダメだということですね。もちろん、これはウコンにかぎらず、何でもそうです。甘いモノをたくさん食べれば、太ってしまって健康被害に陥ることもあるわけですから。

お酒だってそうですよね。いくら楽しいからと言って、上限を超えるほど飲んでしまったら、ウコンだってそこまでカバー出来ません。なんでも適量というのが、健康には一番です。