体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

お米の栄養と健康効果。白米より発芽十六雑穀の栄養が凄いのはなぜ?

f:id:moguhausu2:20150515170517j:plain

万能食と言われるお米。
お米には栄養素もバランスよく含まれており、腹持ちも良く、日本では昔から主食として食べられてきました。

そんなお米の栄養と健康に関して詳しく解説していきたいと思います。


お米の主となる栄養素はご存じ炭水化物です。その炭水化物の成分は、糖質と食物繊維に分けることができます。糖質は体に吸収され、食物繊維は体に吸収されずに体外に排出されるものです。

お米に含まれている糖質は、人間の脳の働きを活発にしてくれる唯一の栄養素です。実は人間の脳は糖質だけをエネルギーとしていますので、糖質を摂るということは非常に重要なことだと言えるのです。

また、同じ炭水化物でもパンがありますが、パンの原料は小麦です。パンはその小麦に塩や砂糖、油など数多くのものを添加していますので、水だけを加えるお米と比較してもカロリーは高めになっています。

よく忙しくて朝はパン食だ、という女性を見かけますが、パンはお米に比べて太りやすいということは知っておいたほうがいいかも知れません。朝からお米を食べることで、前述で述べたように、朝から脳の働きを活発にしてくれますので、やはり朝食にはお米が良いと言えるのではないでしょうか。

そんなお米の中でも玄米は驚くほどの栄養素が含まれており、白米と比べ、ビタミンやミネラル食物繊維などを多く含んでいる健康食の代表格です。
また、私たちが日々、健康に生活していくためのほとんどの栄養素が玄米の中に含まれているため、完全栄養食と呼ばれているほどです。
世の中には、ピンポイントで体に良い栄養素を多量に含んでいる食物は数多くありますが、バランスよく含まれているという点が玄米のすごいところだと言えます。

そんな玄米をはじめとする、栄養素溢れるさまざまな穀物をバランスよく集め、配合した「発芽十六雑穀」が最近では人気となっています。
日々の栄養素を補う手段としては、緑黄色野菜などをふんだんに取り入れたり、欧米のようにサプリメントを摂る習慣をつけるということも考えられます。

しかし、毎日栄養バランスを考えながら料理したり、食事を摂るということはかなりの手間ですし、できれば自然のモノから栄養を摂りたいと考えている方も多いかと思います。

そのため、それらに比べて「発芽十六雑穀」は、普段から当たり前のように食べている、主食のお米を「発芽十六雑穀」に変えるだけという手頃さも人気の理由のひとつになっているのではないでしょうか。

たった一杯の「発芽十六雑穀」から、ビタミンB1をはじめ、鉄、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分を摂取することができ、通常の白米に比べると多くの食物繊維が入っているため、健康に気を使っている方はもちろん、体に負担をかけずに無理なくダイエットをおこないたいという方たちにも好まれているようです。

また、玄米には「フィチン酸」という物質が含まれており、フィチン酸には、体内のあらゆる毒物と結合して、一緒に体外に排出される「キレート作用」という働きを持っています。

豊富な食物繊維とフィチン酸による強力な解毒作用によって、体内を綺麗にする食べ物としても「発芽十六雑穀」は注目されています。

発芽十六雑穀はやずやがオススメ

発芽十六雑穀はどこで買えるのかご存知ですか?
定期購入を考えているならば、健康食品で有名なやずやが一番おすすめです。


やずやで申し込むと、ビタミンやミネラル、カルシウムなどをバランスよく含んだ良質な発芽十六雑穀を定期的に届けてくれます。サイズのバリエーションも多く、宅配サービスが非常に便利なので、発芽十六雑穀に興味のある方はぜひ利用してみてください。